2014年10月05日

草野球バットレビュー「SSK 軟式金属バット メタルハンター2」

軟式金属バット
85cm、740g平均、68mm
超々ジュラルミン
トップバランス

バットの芯の部分が凹凸している(バンピーコア)。ここに当てないと意味の無いバット。

細身スーパートップで実寸85cmよりも長く、やや重く感じる。
けど振り抜きは良い。金槌みたいなバット。
やや癖があるので慣れが必要である。なので人から借りて打つのは難しいかも。

バンピーコア部分で打つと不自然で気持ち悪いぐらい打球が伸びる。
外野手が、数歩前進した後に打球の伸びに気づき慌てて背走する守備泣かせの一品。打球が落ちてこない。
飛距離で言えばこのバットはずば抜けている。
でもバンピーコア以外の根っこの部分に当てた場合はあまり飛ばない。
ビヨンドと同じく、引き付けてからフォロースローを大きくして打った方が打球が伸びる気がする。

個人的には根っこの部分でも飛ばせる重い金属バットの方が好みなのだが、ホームランだけを望むならこのバットが最高。
普通の金属バットよりもお値段高めだが、ホームランは金で買うものである。
大多数のおっさんにとって草野球は資本主義なのだ。

ただし大会によっては規定で使用不可なので注意。

タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

草野球バットレビュー「ミズノ 軟式FRPバット ビクトリーステージ ビヨンドマックスオーバル」

軟式FRPバット
84cm、670g平均、69mm
カーボン+グラス+ポリウレタン
トップバランス

オーバルは楕円の意。
ビヨンドは新部分が細いので、打球が高く上がりすぎたり等の打ち損じが多い。なので芯の部分を楕円形にしたのがこのビヨンドマックスオーバル。

とにかく軽い。一応トップバランス表記だけれどバランスもクソもない軽さ。
普段重めのバットを使っている人がこのバットを使ってもかえって打てないだろう。
軽く振って安打を増やすのがこのバットのコンセプト。金属バットの常識は通用しない。

軽く合わせて流した打球が恐ろしい打球速度で内野の上を超えて行ったり、振り遅れてポテンヒットになるかなという手ごたえの打球が左中間を割ったり、外野手が数歩前進してから落ちてこないライナーに慌てて背走したりと、とにかく打球速度が違う。

思い切りスイングしたいという方には不向き。
野球始めたばっかりなんだけれどヒットが打てない、とにかく初安打を打ちたいという方のためのバット。
やや高めだが、ヒットは金で買うものだ。おっさんにとって草野球は資本主義なのだ。

ただし、オーバルといえどビヨンド特有の打ち損じは生じてしまう、なにより芯部分に当たらないことにはどうしようもない。
また、打つ時はミートする瞬間のオーバルの角度を考えて握らないといけないのが地味に面倒くさい。配球を考えてると忘れがち。

タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

草野球バット グリップテープレビュー「グリップテープ ルイスビルスラッガー リザードスキン LSLSG」

厚さ0.5mm

薄くて滑りにくい。今まで使った中でカッターズに次ぐグリップ力。
バッティンググローブも併用すると滑らなすぎて違和感が生じたほど。
ただし、濡れるとよく滑るので雨天や汗を考えると実用には不向きかも
バッティンググローブを付けてもすごい滑る。

薄い割にクッション性はある。
耐久性はそこそこ。
そして非常に巻きやすかった。

色バリエーションが豊富なのでマイバットを見分けやすくなるのが地味に便利。



姉妹品に厚さ1.1mm製品もある。

タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

草野球バット グリップテープレビュー「グリップテープ ホライズン 」

厚さ2.5mm

極厚グリップテープ。

巻き始め箇所は溝が掘られていないのでハサミでカットしたよ。
滑らないね。グリップ力は上々。
そして謳い文句にある通り、濡れても滑りにくい点が素晴らしい。

中央部分がやや厚めに作られているので、凸凹が出来て衝撃吸収力もある。
細すぎるグリップを太くしたい方におすすめ。

色バリエーションもたくさんある。
なぜか赤だけちょっと高い。



タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2014年10月19日

草野球バット グリップテープレビュー「テイターグリップ」

筒状のゴムなのでグリップ「テープ」ではない、新しいタイプのグリップ。

まず密封袋に入っている油まみれのテイターグリップを取り出す。
そして油をふき取る。かなり油の臭いがする。微妙に食欲をそそる臭いだ。屋外で作業した方が良い。

テープではないので簡単に装着できると書いてあったが、これは嘘だ。
バットのグリップエンドを筒に通さないといけないのだが、きついしヌメヌメして大変。テープの方がはるかに楽だ。汗かいた。
マニュアルには、グリップエンドは覆わない方が良いと書いてあるが、フレアグリップだと筒がズレてしまうので無理。結局グリップエンドまで覆った。
ズレないように輪ゴムで固定して置くこと12時間でできあがり。でもまだ油臭い。

手についた油の臭いは一日経っても取れなかったので注意。
バットそのものも数日はとても油臭い。とてもではないが室内には置けない。
そして何日たっても臭いが抜けきることは無かった。

使用感だが、分厚い。
薄く溝が掘られている。凹凸は乏しいが、グリップ力は高い。
固めだが厚いので衝撃吸収力は結構ある。

臭いし、厚いしグリップエンドが小さくないと装着が大変だしフレアグリップだとグリップエンドまで覆わないといけないし、で割とバットを選ぶグリップだった。
タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。