2007年07月12日

ロマンシングサガ2をプレイする懐古主義 其ノ壱

自由度の高さが売りの、フリーシナリオRPGなわけだが。

プレイヤーが特定のキャラを操作するわけではなく、
何千年もの時を経ながら代々の皇帝を操作し、帝国の領土を広げていく、そんなゲーム。
RPGながら全容は帝国育成SLGだな、こりゃ。

今気づいたけれど、これってPS「俺の屍を越えていけ」だよな。
俺屍が元祖だと思っていたが、ロマサガが先んじていたのか。


さておき、13年ぶりにロマンシングサガ2を再プレイすることにした。
ロマンシングサガ3の内容は覚えているのだが、
2の内容はほとんど覚えていない。
武器防具の開発が楽しかったような気がする・・・・・・
とりあえず起動する。

ロマンシングサガのオープニングテーマは名作だな、
などと考えながらスタート。

いきなりダンジョンから始まる。
領内のモンスター巣穴を駆除しに、アバロン帝国皇帝レオンと第二皇子ジェラールが親征しているところだ。
どーでもいいが、レオンは甲冑に身を固めて雄雄しいのだが、
ジェラールはガンダムみたいな全身タイツを着ていて貧相の一言に尽きる。

怪物どもを首尾よく淘汰すると、皇帝は帝都に凱旋する。
皇帝といっても、我がうるわしのアバロン帝国版図は北バレンヌ地方に位置する帝都のみ。
北辺のショボイ帝国だ。だから皇帝自ら出張る羽目になっているのだろう。

まあ、スクウェア作品なのだから大帝国だったら悪役が振られてしまう。
弱小帝国を繁栄に導くのがこのゲームの醍醐味だ。

さて、帰還すると第一皇子ヴィクトールが留守番していた。
兄は武勇に秀でていて、弟は文弱らしい。
どうやら母親はいないらしい。だから忘れ形見の末子が可愛くて溜まらないのだろう、レオンは親馬鹿全開だ。
甘やかして育てちゃったのね。兄は不甲斐ない弟に不満な様子。
内向的な弟ジェラールは、そんな兄上にタジタジ。

それでよい。そうでなくては命を落とすところだ。
皇位継承者なのだから、才走っては疑心暗鬼に陥った兄上に葬られてしまいかねない。
この兄上ならば、動くとするならば芽のうちに摘みにかかるだろう、果断に。
織田信行や伊達小次郎の悲痛な先例が非常な現実を物語っている。
前田利常を見習って鼻毛でも伸ばしておけ。
そう考えると、ジェラールの全身タイツ姿が痴呆を装う知恵者に見えてくるのだから不思議だ。

と、思ったらこの兄上はあっさりと死んでしまう。
次のモンスター巣穴を駆除しに行った際、
留守番中に襲ってきた七英雄の一人クジンシー(逆さにすると新宿)によって、
兄上はあっさりと殺害されてしまったのだ。
なんてクリリン、スカウター代わりだったのか。

早速、皇帝と弟は弔い合戦に赴くのだが、返り討ちに合い皇帝レオンは崩御する。
クジンシーは即死攻撃を使ってくる。なのでレオンが死ぬのは避けられない。
皇帝レオンは命に代えてクジンシーの必殺技を見破り、後継者に後を託したのだ。

もはや皇位の継承者はジェラールのみ。
こうしてジェラールはまんまと皇位を継承した。ついでに前皇帝レオンの能力も伝承される。
この伝承こそが、ロマサガ2の肝だ。


ゲーム内ではあんまり説明がないのだが、
七英雄は大昔に化け物と同化することによって身につけた力で化け物を葬り、人々を助けたらしい。
だが、その力に恐れをなした人々によって七英雄は異次元に追放され、人類を恨んでいるそうな。
傍迷惑も甚だしい。
よりによって、その七英雄の一人が弱小帝国バレンヌに目をつけて襲撃してきたのだ。

場合によっては上記のシナリオはお目に掛かれないらしい。
ゲームの進め方次第で、七英雄は只の化け物にもなるし、悲しき元英雄にもなるのだ。
フリーシナリオにも程があると思う。


さて、消去法で帝位についたジェラールに従わない兵もいる中、モンスターが帝都を襲撃してきた。
ジェラールは果敢に撃って出ると、ザコ敵ばっかだ。楽勝。
その後、楯突いていた兵がジェラールの手際を認めて謝罪してきた。
「見せしめにする」という選択肢は無かった。フリーシナリオの限界か。

その後、ジェラールは父レオンが会得し伝承した見切り技を使い、何だかんだでクジンシーを倒した。
これで北バレンヌ地方が帝国の下に統一された。

こうして帝位を磐石なものとしたジェラールはうつけの振りをする必要も無くなり、
全身タイツを金繰り捨てたのであった。

ジェラールの野望 続く…
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | ロマンシングサガ2
2007年07月18日

ロマンシングサガ2 其ノ弐 帝国の黎明

現在の帝国領エリア:1つ

ジェラールが北バレンヌ地方を統一してから一年が経過した。
きっとその間は継いだばかりなので帝国の内政に専念していたのだろう。
そして機は熟したとばかり、全身タイツを脱ぎ捨て甲冑に身を包んだジェラールは
野望の赴くままに帝図拡大に撃って出た。

進出先なのだが、
海路は海賊が幅を利かせているので使えないと言われる。
帝国は大陸の北辺、陸路は南のみ。自動的に進出先は南バレンヌ地方に決まった。
この地方には町が一つ、格闘家集団が一つ、運河要塞が一つある。
無闇に癖の強い妙な地方だ。旨みは少なそうだが、選択肢は無い。


唯一の町に行くと、近隣に巣食うモンスターに頭を悩ませているらしい。
どうやら、今まで町を守っていた格闘家集団『龍の巣』が今回は手を焼いているそうだ。
そんな悩める龍の巣に行くと、パンチもキックも通用しないスライムがいて、にっちもさっちも行かないでいるそうな。
格闘家の癖にカメハメ波もドドンパ波も使えんのか。嘆かわしい。
では道具を使ってなんとかしよう、という脳もないらしい筋肉馬鹿どもに、
スライムだけを倒してくれと頼まれる。日月乾坤刀を使え日月乾坤刀を。

モンスターの巣穴に行くとスライムがウヨウヨいた。夢見が悪い。
プチプチ潰して更に奥に進むと、この巣穴のボスがいた。
勝負を挑むが・・・強い!
尻尾を巻いて逃げだし、龍の巣の格闘家に泣き付く。
すると格闘家が巣穴に乗り込み、ボスをフルボッコした。(゚Д゚)ウマー

結果、町からも龍の巣からも感謝され、帝国の勢力化に収まった。
ちなみに、皇帝がボスを倒した場合は面子を潰された格闘家に戦いを挑まれるらしい。
勝てば龍の巣は勢力化になるが、龍の巣は衰退してしまうそうな。結果オーライ。

さて、次なる獲物は憎々しい海賊の拠る運河要塞だ。
とっとと制海権を手に入れなくては。

現在の帝国領エリア:1つ
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年07月21日

ロマンシングサガ2 其ノ参 南バレンヌ攻略戦

現在の帝国領エリア:1つ

南バレンヌに進出し、早くも格闘技集団と町を掌中にしたわけだが。

さて、次なる獲物は憎々しい海賊の拠る運河要塞だ。
この要塞は南北バレンヌを結ぶ要所でもあり、
帝国にとっては喉に刺さった小骨のように嫌らしい存在でもある。
これを粉砕すれば、南バレンヌ地方の攻略がなる次第。

なのだが、その前に我が城下町にて盗人イベントが発生した。
なんでも昨今、怪盗が帝都を揺るがせているらしい。
その話を聞いた後、皇帝の寝所にて惰眠をむさぼっていると夜中に目が覚めた。

そのまま城下町に繰り出してみると、武器屋の暖炉から屋根に上がり、屋根伝いに飛んで行くと盗人の棲家発見。盗人も発見。
・・・この棲家って城の一室じゃないかしら。獅子身中の虫なのかしら。
 →どうやらそういう訳ではないらしい。
とにもかくにも逃げだした盗人を追いかけると、モンスターが盗人に襲い掛かっていた。怪物GoodJob!

とはいえ、皇帝のお膝元にモンスターが侵入するなんぞ許せないので撲殺する。
と、盗人に礼を言われた。盗人猛々しい。
残念ながらこの盗人を張り付け獄門にする、という選択肢は出なかった。
(助けないという選択肢はあったけど)

ちなみに盗人の棲家には盗んだ金があったのだが、
その金は被害者の下ではなくて国庫に納められた。清き川に魚など住まぬのだよ、君。

翌日、盗人に教えてもらった合言葉を使い、盗人どものアジトに赴いてみる。
ここでボスに運河要塞の攻略を打診すると、進入路確立の代償に地下道のモンスター退治を頼まれる。
皇帝を前にして不遜も甚だしい。

そもそも帝都にシーフギルドが存在する事が許せないのだが、
残念ながらこのアジトを潰すという選択肢はついぞ出なかった。
渋々Give and Takeに応ずる。

颯爽と地下道のモンスターを潰すと、早速盗人が運河要塞まで飛んでいった。
後を追い、運河要塞の酒場に入ると、
既に盗人は運河要塞の裏進入口と要塞のボスまでの道程調査を終えていた。
仕事が早い。なかなか使える奴らだ。
この期に及んでは清濁併せ呑むとしよう。御庭番と思えば良いのだ。
このお陰で馬鹿強い要塞門番と刃を交えずに侵入を果たし、
内部でも目印を頼りに道程を辿り、ボスの居場所まで迷う事なく辿り着けた。
親切な事に、宝箱もちゃんと道程に入っているので申し分ない。
良い仕事しますな。

さて、門番はめちゃくちゃ強いのだが、内部の奴等は弱っちーの。
ボスも大した事無く、潰す。
ボスより門番の方が強いのは仕様。


芽出度く南バレンヌを帝国領に統合する。
流石に二地方を支配化にすると、地図上で映えるな。これで帝国の呈を為して来た。
と、ここで突然に"135年後・・・"なんてテロップが出てきた。
コレがロマサガ2名物、年代ジャンプである。

テロップの後に後継者選択画面が出てきた。
この中から選ぶのか。
その中から、フリーファイターを次の皇帝に任命。
なんかコイツのグラフィックが番長みたいだったからつい・・・


ジェラールとはここでお別れと相成った。
もう会えないと判ると、ちと物悲しい。
その別れはサヨナラもなく、なんともドライな事この上なかった。
花に嵐の例えもあるぞ、さよならだけが人生さ。

現在の帝国領エリア:2つ
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年07月23日

ロマンシングサガ2 其ノ四 ブラッド・ダイアモンドの巻

現在の帝国領エリア:2つ

さて、帝国とは名ばかりだった地方豪族バレンヌ帝国。
そんな土豪も2代目ジェラールが南北バレンヌ地方統一を果たし、一躍国家に成り上がった。
が、その後135年もの間、帝国版図に変化は無かった。
果たして、3代目皇帝は中興の祖となれるか。

厳密にはレオンが初代というわけでもないし、
間が135年も空いているので3代目でもないわけだが、
便宜上そう呼ぶとする。


現状、海賊の拠点であった運河要塞を支配下に入れた結果、
海賊は駆逐されて東海の海路が使えるようになった。
これで海を挟んだ東の友好国に向かう事が出来るようになった訳だ。

一方の陸路はと言えば、運河要塞より陸路東へ進む事が出来るようになった。
東には武装商船団が根城にしている町がある。
こいつらのお陰で帝国領海内の海運は滞っており、帝国経済は芳しくない。
何れは制裁を加える必要がある。

南には、宝石高山を有するルドン地方が広がっている。
宝石なので当然ウハウハである。その資源が帝国経済にどれほど寄与する事か。
日本で言うと佐渡か石見銀山といったところか。

どこに行くのもプレイヤーの自由なのだ。この辺りから、フリーシナリオが表に出てくる。

我等が3代目が宝石に目を眩ませ、もとい財政を鑑み、南に向かったのは言うまでも無い。
皇帝御一行には格闘家とシーフを組み込んだ。皇帝はフリーファイター。
堅気に見えないパーティーだ。
皇帝御一行ではなくて、天下の副将軍かさもなくば麦わら海賊一味とか呼ばれてそうな。

で宝石鉱山に赴くと、
どうやら宝石鉱山にはモンスターが巣食っており町の人が採掘できずに困っているらしい。
お決まりのパターンだ。
だから決まりどおりにモンスターを駆逐し、鉱山採掘を復活させた。
無論、鉱山内のお宝は回収して国庫を潤しておいたさ。抜かりのあろう訳が無い。
こうしてあっけなくルドン地方が帝国領に組み込れ、
案の定、税収ウハウハになった。


他ゲームでは、モンスター相手に強盗を働き、
その稼ぎをもって自身の武具や道具の購入に当てて戦力増強を行っている。

しかるに本ロマサガ2では、
主人公の収入は国家の収入であり国家の収入はあくまで税収なのだ。
皇帝が外征にて戦闘するたびに納税され、
そうして潤った国庫を武具の開発や研究施設建設に当てて戦力の増強を図っている。

そして、国家の収入は領土に比例する。
ゲームが進行すれば、戦闘一回辺りの収入が増えるわけだ。

RPGにおける永遠の命題
「なぜモンスターが金を持っているのか?」
「それも強いモンスターほど大金を」
を解決する名案である。
ただし、汎用性が低すぎるせいか他のRPGでは御目にかからない。
主人公が国家元首なRPGでないと採用できない仕様なためだろう。

ともかくとして、そうした次第で領土拡大は避けられぬ道なのだ。
なにしろこのゲームの敵は戦闘回数ごとに強くなる。
ちんたらやっていると、領土は乏しく収入は少なく武具の開発は滞っているのに、
敵はやたらと強大になって手詰まりしてしまうのだ。
待ったなし。


帝国領も3エリアに跨り、帝国の呈を為して来た。マップをみて悦に入る。
どうやら近隣には諸勢力はあれど、国家と呼べる程のものはいないようだ。
しめしめと、併合して臣民と市場を増やし富国強兵に突っ走るのだ。

現在の帝国領エリア:3つ
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年07月25日

ロマンシングサガ2 其ノ五 東の友好国

現在の帝国領エリア:3つ

カンバーランド

やってきましたカンバーランド。
ここはカンバーランド東の海の向こう側にある半島に位置する友好国なのである。
半島の付け根に長城を築いてモンスターやら外敵から防衛している、
ちっこい割に武張った国だ。
この国の王位継承者は三人いる。
武勇に秀でた長男。
切れ者な長女。
あと次男。これはまだ子供。

やっと国らしい国が出てきた。
これまでは町とか村とか要塞とか格闘集団ばっかりだったからな。
これで外交らしい外交を行えるわけだ。

さて、この国の王宮を訪問すると、人の良さそうな国王と次男に手厚く歓待された。
どうやら我が帝国の武威は思いの外大きく鳴っているらしい。
鼻が高くなる。

長男は長城の防衛、長女は港町の統治と領土開拓に赴いているそうな。
出向いてそれぞれに当たり障りの無い挨拶をしとく。これぞ表敬訪問だ。
今まで前線に出ずっぱりだったので、こういう皇帝らしい仕事は初めてだ。
なんか嬉しいぞ。

さて、遊覧を終えて再び王宮に訪れると国王から相談を持ち掛けられた。
三子のうち、どいつがカンバーランドの跡継ぎにふさわしいのか。

まず長女は嫁にすると心強そうだが、衛星国の国主としては気安くない。
外交が一筋縄ではいかなくなりそうだから没。
長男は武骨一点張りで操縦しやすそうだし、
帝国の内海と東の防備を任せるにはもってこいなのだが、
まだ子供な次男の方がもっと洗脳しやすい。
ここガンバードは世界の中央に位置するので、なるべく傀儡にしたいところだ。

次男が適任と答えると、次男を溺愛しているらしい国王は我が意を得たりと喜んだ。
打算に塗れた回答なのだがね。
どうやら、年を経てから設けた次男を猫可愛がりしているようだ。
母親もいないようだし、忘れ形見なのだろう。
なんとも我が帝国の初代皇帝レオンと二代目ジェラールを彷彿をさせる話だな。
アバロン帝国の場合は都合よく長男が戦死したお陰と外敵の存在のために
内戦に発展することも無くジェラールが二代目皇帝を襲名した。
はてさて、ここガンバーランドではどうなることやら。

何はともあれ、二国の元首の思惑が合致した美しい瞬間である。
文字通り対岸の火事だ。高みの見物させて頂こう。

ところで長女を嫁にくれ、という選択肢がでなかった。
人質兼、やたらと国を空けてばかりな暴れん坊皇帝に代わって
帝国の内政を治めて欲しかったのだが・・・
婚姻コマンドが欲しい。


国王が泊まってけというので泊まっていったら、翌朝国王が急死した。
あの質問は死亡フラグだったのか。

暗殺の濡れ衣でも着せられるのかと思ったが、
そんなことはなく、次男を跡継ぎにする旨が認められた遺言状を盾にして、
大臣が専横しだしていた。
でもって新国王次男の名を持って、長男に対する逆賊征伐の勅令が発せられた。
次男は幽閉されているようだ。見事な傀儡っぷりである。
我が目に狂いが無かったことが嬉しい限りだ。

どうやら大臣に組するという選択肢はないらしい。
放っておくか、介入して幼王を救うか。
当然、衛星国にするべく後者を選択する。

しかし遺言書といい討伐令といい、大臣の手際が周到すぎる。
こりゃ国王は本当に暗殺されたんだろうなあ。

とりあえず長女と長男に会いに行き、抱き込む。
と、長城からモンスターが襲来との報を受ける。
どうやらこれも大臣の手引きか。という事は背後に七英雄がいるわけか。
ともあれ、長城のモンスターを駆逐してやり、とっとと王宮に攻め入る事にした。
皇帝が敵の目を引き寄せている間に、長男長女が傀儡次男を救出する作戦で行くことにする。

街中にはゴロツキ兵士が大量に湧いており、
城門には巨人が配置されていた。
この巨人が強いの何の。とてもではないが倒せない。
必殺技を閃くには丁度良いのだが、このままでは埒が明かない。
ここは捲土重来、帝国に戻って武具開発と修行に明け暮れよう。

で、修行の結果ほどほどに強くなってI'll be backを果たすと、
なんと次男はとっくに救出されていた。
長男と長女は、皇帝が敵を引き付けてくれたお陰などと顔を立ててくれたのだが、面目ない。
調べてみると、巨人を倒さずとも城下町東部の森から王宮に侵入できたらしい。


幸いというか、大臣は脱出に成功して自分の砦に逃げ帰ったらしいので名誉挽回は可能だ。
ガンバーランドへの影響力を保つべく、この大臣を討伐しに行く。

大臣を追い詰めると、七英雄の名前を出してきた。
最後に首謀者を明らかにするとは、ザコ悪役の鏡だ。
相応しい最後を迎えさせるべく天誅を下す。

で、王宮に戻ると兄弟間で話がついたらしく、
国王は次男のままで長男長女はホーリーオーダーとして皇帝の配下になるとさ。
でもって皇帝はガンバーランド新国王の後継となることになった。
国王の遺言書は本物だろうし、帝国の後光をもって混乱を収めようということか。
長女の入れ知恵なんだろうなあ。

こうして長いナイフの夜は明け、
栄えあるアバロン帝国はまんまと宗主国に収まったのであった。しめしめ。
ただし、残念ながら長女を嫁にするという選択肢は最後まで出なかった。
いと悲し。

ここで年代ジャンプした。次は4代目皇帝だ。
ところでホーリーオーダーってなんだろ。近衛兵みたいなものかしら。

現在の帝国領エリア:4つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年07月28日

ロマンシングサガ2 其ノ六 海軍強化

現在の帝国領エリア:4つ

このロマサガ2、
発売から14年を経てなおも十二分に遊戯に耐えるのだから、
大したものだよスクウェアは、昔の。

そんなスクウェアも、特別損失をこさえた挙句にエニックスと合併。今はもういない。
何時からスクウェアはおかしくなったのかと考えると、
さして時間も掛からずにファイナルファンタジーの映画であることに気付いた。
赤字額そのものよりも、昔はゲームでしか追求出来ないものを目指すと言っていたのに、
映画のようなゲームを作成した挙句に大枚叩いて本当に映画化させたその変心だ。

悲しいので、今日もロマサガ2で懐古主義に入り浸る。
陣形とか技の閃きとかキャラの伝承とかバランスとか、
ほんとにこの頃のスクウェアのエンジニアリングは凄いなあと。


次代の4代目皇帝は新メンバーのホーリーオーダー男にした。
強いねコイツ、デフォルトで盾装備しているし。他キャラよりも防具が一個多いわけだよ。
しかも陣形持っているし。ホーリーウォールだってさ、憧れの新陣形だ。
でもこのゲームは陣形の効果等の説明が何もない。どのような陣形かをWEBで調べてみる。
・・・フリーファイターの次に使えないらしい。高揚に水を差された。辛い船出だ。


さて、4代目皇帝の目の前には、帝国東に広がる北ロンギットが映っている。
当面の戦略目標は、この地に蔓延る武装商船団を降して海運を安定させる事だ。
運河要塞の海賊退治の時も結局は陸から攻め込んだし、
シーパワー0なんだよね、この帝国は。

皇帝自ら小癪な武装商船団が巣食う町に乗り込むと、
都合の良い事に商船団どもの会合を盗み聴く事が出来た。
ここで商船団の根城への行き方を知る。陸路と海路の二通りがあるらしい。

とりあえず商船団と交渉を持つと、なかなか強情な連中でスカした要求ばかりしやがる。
交渉決裂、根城に乗り込んで潰すとするか。
とはいえ、陸路も海路もモンスターが何故かやたらと強い。
このゲームは雑魚敵つえーのなんのって、ボスより強いよ。
仕方が無いのでチマチマと敵を倒してレベルアップに務める。
すると、結構な金が溜まっていた。

ここで玉座についた4代目が帝都に術法研究所を建設する事を思い立つ。
思い立ったらその場で部下に建設を指示する。で、着工。すぐやる課があるらしい。
費用は100万円かかるそうな。
平行して武器開発も行ったら国庫が空になった。

そんなこんなで4代目御一行も逞しくなり、
ルドン地方の東からモンスターの巣食う抜け道を進める程度には強くなった。
ので、とっとと武装商船団のアジトがあるハリア半島に向かうとする。

で、商船団アジトに侵入するのだが、戦闘になるかと思いきや船長は
「陸から来るとは信じられん! オレ達の負けだ。 要求は何だ?」
とあっさりと負けを認めた。
シブイ。言い訳しないサイレントネービーである。シブすぎる。
なので解散させずに服従させ、商船団は存続させた。
でもって武装商船団を降した我らが皇帝は、北ロンギット地方を領土に組み込み、
北海の制海権を手に入れたのであった。

こうして帝国支配エリアは5つに拡大した。
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月01日

ロマンシングサガ2 其ノ七 大航海時代

現在の帝国領エリア:5つ

武装商船団を降すと35年ほど年代ジャンプした。ほとんど戦っていなかったので短い。
跡継ぎ(5代目)候補に、配下にしたばかりの武装商船団船長がいたので早速選ぶ。
海賊王どころではない。海賊皇帝に俺はなった。

船長は陣形ラピッドストリームを持っていた。
こいつは先制攻撃が仕掛けられる優れ物な陣形だ。ビバ。
これでようやくインペリアスクロス一辺倒から抜け出せる。

せっかく海賊皇帝なので、
渡り手が居らず未踏海峡と化していたガンバーランド以東海路開拓に乗り出した。
エンリケ航海王子どころじゃないのよ、なにせ航海皇帝。

海峡は聞きしに勝る難所で、彼方此方で渦潮が巻いており、
その渦潮の中央ではモンスターが待ち構えている。
要はアリ地獄だ。しかもそこに嵌まらないと通り抜けられない。
どうにかこうにか海峡を抜け出し、大陸の東北に位置する火山島への航路を築いた。
ヨシヨシ。


ところで、年代ジャンプしたのに術法研究所完成の知らせがこない、
まだ建設中なのか?ガウディにでも設計させちゃったのか?
と思ったら、城下町の隅っこに建っていた。

教えろよ、皇帝陛下に。

陛下の肝煎りで作ったのに、何時の間にやら落成式しやがって。
皇帝が玉座を開けっ放しでも恙無く帝国領を経営するだけあって、ここの官僚どもは優秀な反面、皇帝を軽んじているのかも知れない。
幸い、粛清コマンドはなかった。信長の野望は切腹させられたよな。覇王伝だったけか。

現在の帝国領エリア:5つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月14日

ロマンシングサガ2 其ノ八 火山島

現在の帝国領エリア:5つ

ここは大陸の東北に浮かぶコムルーン島。
火山島で、最近地震が頻発している。その癖に温泉は無いらしい。無念。
生産物については特に何も無い。
火山があるのだから金銀鉱床が会っても良さげなのだがね
まあ、東洋の中継港としての価値は高そうだ。

島に住む魔道士曰く、もうじき火山が噴火するらしい。
これを火口に投げ入れれば惨事を防げるぞ、とアイスシードとやらを受け取る。
登山としゃれこみ、火口に辿り着くと早速アイスシードを投げ入れてミッションコンプリート。
ボスとか出なかった。せっかく技を温存していたのに。

とりあえず火山活動は収まったようだ。表面的には。
・・・これって臭い物に無理やり蓋をしただけで、
そのうち溜まりに溜まったマグマが爆発するのではなかろうか。

まあ、それは未来の皇帝が対処すること。
さしあたって海賊皇帝は当座の帝国領拡大に勤しむのであった。

かくして、皇帝陛下の手によりコムルーン島は溶岩まみれを逃れる次第となり、
島民は感謝まみれになって臣民になる事を申し出てきた。

かくして、帝国の東方進出戦略の橋頭堡となる火山島が領土に加わったのであった。
これで帝国領も6つ目。
世界の3/1ぐらいは我が手に収まったか。


ところで、この島の北面には、サラマンダー(トカゲのおっさん's)が住まう溶岩の都がある。
トカゲが喋っているのだが、誰も驚かないのが不思議だ。
モンスターと亜人の境界が判然としないなあ。

ちなみにサラマンダーは溶岩まみれな方が良かったらしいので、感謝なんぞしていない。
だからまだ仲間にならない。

ジャングルで見つけた石船を使えば、ゴンドラよろしく溶岩の都を堪能できる。
…幾ら石だから船が焼けないといっても、要は石焼ビビンバだろ。無体な。

現在の帝国領エリア:6つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月16日

ロマンシングサガ2 其ノ九 アリアリコロコロ

現在の帝国領エリア:6つ

海路火山島経由で訪れた東の地は、
怪鳥がけたたましく熱帯雨林が生い茂る密林地帯であった。

密林の奥に村があるのだが、この村は塔に魔物が巣食っているは、
男をたぶらかす女王はいるは、
その女王にうつつを抜かす男に愛想を尽かした女は村を出て行ってるは、
よくここまで収拾付かなくしたものだ妙に感心してしまう。

で、その村にある謎の神殿には巨人が待ち構えており、
コイツを倒さないと中に入れないのだが、強いのなんのって。無理。
戦いを挑むも、適当に必殺技を閃いた辺りで撤退した。
きっと後代の皇帝が雪辱を晴らしてくれるさ。

で、村を出て行った女達は同じ密林の中にアマゾネスな村を築いているそうな。
早速探し当てるも、女の園らしく男皇帝が訪れても入れてもらえない。

この地域に唾をつけるのは時期尚早だったようだ。
戦略的撤退して、他のイベントを探す事にした。

あちこちウロウロしていたら、だいぶ必殺技を閃いていた。
もう枠が一杯なので覚えきれない。
使わない技を封印しても、すぐに閃き直すので面倒くさい。

とっとと年代ジャンプして技道場に登録しようとイベントを求めて彷徨っていると、
サバンナで馬鹿でかいアリがタムロしている村を発見。
人っ子一人いない。どうやらこの村は全滅のようだ。
って事は巨大アリに食われたのか、エグイのう。

別の村に行き情報収集すると、
最近人食い巨大アリが大繁殖しており、集落を襲っているらしい。
でもって、その村に宿泊すると、夜半にアリが村を襲ってきた。
侵入路は、村のど真ん中にポッカリと開いた大穴。
この大穴を塞いでも、また地下からやって来るだけで意味無いだろう。
なので突入する。

ずんずんと奥に進むと、地底亜人ことモグラ人間がアリどもにいじめられていた。
アリによってモグラはだいぶ食われてしまったらしい。
お前ら漢字で書いたら土竜の癖に弱いよ、戦え竜族。
仕方が無いので、助けて回る。

更に奥に進むと、馬鹿長い卵を抱えた女王アリが鎮座ましましていた。
分かりやすい元凶で結構だ。
アリの巣コロリは効きそうにも無いので、勇んで戦うとする。

なにせ、肩書きからして女王よりも皇帝のほうが偉いのは自明の理なので、
当然これに勝つ。すると、兵隊アリどもも消えうせた。駆除成功。
モグラ人間にエライ感謝されたさ。

後は村のハンターに話しかけて年代ジャンプするばかりなのだが、
その前にあまり使わない武器で戦闘して初歩的な技を閃いておく。
あまり技スペースに余裕が無いのだが、だからこそ覚えて登録しておく。
次代にまた閃きスペースが一杯になってしまうことを極力予防するのだ。
朕って絞まり屋さん。

村に帰ってハンターと話すと、帝国領にサバンナが加わった。
村と熱帯草原のみ、お世辞にも生産的とは言えない土地だが、
地政的には大陸の中央に位置する要所である。
マップ移動出来るようになるので、大陸の移動が幾らか楽になるだろう。
でもって年代ジャンプ。

戦い過ぎたせいか、228年も年代ジャンプした。

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月18日

ロマンシングサガ2 其ノ壱拾 ホープダイヤモンド

現在の帝国領エリア:7つ

先代が見つけた東部密林の女の苑アマゾネス村に入りたかったので、
女フリーファイターを6代目皇帝に任命した。
帝国初の女性皇帝が誕生と相成った。

就任後、まずは現状把握であろうと情報調査室に赴く。
「宝石鉱山で毒ガス発生、採掘停止中。なもんだから国庫の収入は減少しとるがな」
「コムルーン島で地震が頻発に発生している模様。火山が噴火しそうなんじゃねの」
何この凶報ラッシュ。
拙速に女の苑に足を踏み入れようかと思ってたのに、初っ端から女帝ピンチ。

更に更に、
皇帝パーティーのメンバーを集めるべく東奔西走している最中に、
ムー遊牧一族の村にて「子供が行方不明になった」なんて事件を耳に入れてしまった。

さすがに228年も年代ジャンプしたせいか、色々と宿題が溜まっていたらしい。
どうするもこうするも、こういう時は優先順位を明確にして潰して行くしかないのだ。
とりあえず女護ヶ島はお預け、

とにかく国庫の減収は武器開発に露骨に影響を及ぼすのでかなり痛ヒ。
火山はしばらく持ちそうだし(多分)、子供は風の子だし、
減収が余りに悲痛だし、まずは宝石鉱山に向かうことにする。

どうやら坑道奥に魔物が潜んでいるとの事なので、とっとと乗り込んで潰しちまうとする。
坑内に踏み入る・・・特に毒ガスによるペナルティはなかった。
一歩歩くごとにダメージとか想像していたので安堵する。

行きがけの駄賃に、ちゃっかり宝石を回収し国庫を潤しつつ最深部に辿り着くと、
待ち受けていた雑魚ボスをあっさりと葬る。チョロイ。

すると、魔石とやらが姿を現した。
どうやらコイツを掘り当ててしまったのが毒ガス騒動の原因らしい。
そんな禍々しい石っころをカコンと打ち壊して騒動は解決した。
これにて一件落着。帝国財政は無事持ち直した。

ところでこの魔石でもって指輪が作れるらしいのだが、
そうすると指輪にLPを吸い取られてしまうらしい。
利用価値が見出せなかったので放置する。
多分ボス戦で役に立つのだろうが、そういうアイテム好かんのよね。


ここでようやく200万円たまったので、帝国大学の建設を命ずる。
国債は発行できないらしいので、チマチマと小金を貯めていたのだが、
この度の宝石鉱山で回収した宝石のお陰でようやく資金調達が叶った。
遠い道のりだった。
まあ良い。自己資本比率100%の無借金経営は、朕の望むところである。

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ロマンシングサガ2