2011年11月13日

飯 津つ井(赤坂、ビフテキ丼)

味:絶品
赤坂 津つ井

赤坂にある津つ井のビフテキ丼が旨い。
biftueki_don.jpg
他の料理も美味しいのだが、ビフテキ丼はここでしか食べられない味を出しており代え難いメニューだ。
値段は\2,630。安くはないが、コストパフォーマンスはズバ抜けている。

内側が朱塗りの丼にレア焼きの肉が盛られており、全体に朱色をしている。
その上にバターがチョコンと乗っている。このバターが決めてだそうな。
バターと焼かれた肉とタレが香ばしい。
このタレが真似できない優れものなのだ。

付け合せはサラダと香の物と赤だし。
サラダのもやしはカレー味付けされている。

もっとお高い上ビフテキ丼もある。\5,770。値段は倍以上で、肉がヒレ肉になる。
店舗移転前のだいぶ昔に食べてみたが、丼ではなくてお重に入っていた。
底が浅い関係で、タレが大目になってしまう。注文する際はタレ少な目にお願いしたほうが無難だ。
味自体はあまり変わらない。そのまま、肉がヒレになっただけ。当然うまい。


季節応じて手の込んだ料理をメニューに加えているし、全体的に創意と工夫の精神が見られた。
店舗が移転しても残された、店内に散りばめられているダジャレの数々もその精神の現れなのかもしれない。多分。


ここ赤坂本店とは別の津つ井がある。

東中野にある津つ井にもビフテキ丼がある。こちらのビフテキ丼は赤坂本店よりも青山店に近かった。

新川の津つ井は、他の津つ井とはメニューも味付けも全体的に趣が異なっていた。

青山にあった津つ井は店を閉めてしまった。

中野坂上にあった津つ井も閉まってしまった。ここの生姜焼きビフテキは旨かったのでおしい。

移転前の本店向かいにあった赤坂津つ井別館も別物だった。

何処の店のビフテキ丼も、結構味付けが違っていた。支店ではなくてのれん分けらしい。
仲が良いところもあれば、疎遠だったり険悪な所もある様子だ。
タグ:


posted by 塗りかべ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2011年12月25日

飯 本とさや(浅草:焼肉)

味:旨い
浅草 本とさや

浅草にある焼肉店『本とさや(ほんとさや)』の話。

浅草は肉を食わせる店が多い。文明開化のすき焼き、しゃぶしゃぶの他に焼肉店も多々ある。
旨い焼肉店を求めて食べログを漁り発見した。
ウェブサイトには「焼き肉もロックも強火が一番!!」と書いてある。面白そうな店だ。なので行ってみた。

店は国際通りから一本路地裏に入ったところにある。店構えは商店街の古くからある焼肉屋。正直、あんまり旨そうに見えない。

テレビで紹介されてから混むようになったとかいう話だったので、土曜の3時ごろに入店してみたらそこそこ空いていた。
店員はラフな服装の若い体育会系兄ちゃんばかり。店内の装いも下町ぽい。あちこちに有名人のサインが張ってある。
メニューを見ると高い。けど、ここは量が多いらしい。なのでハーフサイズが用意されている。全てハーフであれこれ頼んでみた。

・特上カルビ
・上ロース
・上タン
・上ミノ
・上ハラミ

最初から炭火は熱々になっている。

おすすめの特上カルビは素晴らしく旨かった。
厚いので半端に焼くと中まで火が通らない。外側がコンガリ焼く。それでも中はレアで旨い。これは驚いた。
強火の上で転がしながらじっくり焼くのがまた旨味を増す。焼いてて楽しい。

食べログのレビューで、この特上カルビを食べずに辛めの採点をしている輩がいたが、店のおすすめを食べずにそんな採点をするとは正気が知れないしマナー違反だ。もったいない。

上ロースと上タンも驚くほどではなかったが旨かった。
上ミノと上ハラミはそこそこ旨かった。

他にもライス等頼んで6000円程度。
量も味も良く、肉食った、という思いに浸る事ができた。
タグ:焼肉


posted by 塗りかべ at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2012年01月15日

飯 ブラックホール(新宿、焼肉)

味:もう行かない

新宿にある和牛塩焼肉 ブラックホール 歌舞伎町本店に行ってきた。


店内設備はおしゃれというか垢抜けている。限られた敷地域だが上手い事空間を使っている。設計が上手い。
店員は元気が良かった。

メニューが面白い。
焼き肉の薬味として柚子胡椒ネギやスタミナゴマネギといった8種類のネギを頼める。味付けゴマネギを頼んでみた。
チヂミも様々な種類があり、それをハーフ&ハーフで頼めるのが嬉しい。

特級カルビ 不味い
特級ロース 不味い
上ミノ それなり
チヂミ あんまり

味については全体的に不満。

カルビもロースも特級なのに、どちらもイマイチ。固くて旨味がない。

上ミノは値段相応か。

チヂミはなかなか登場せず、催促して肉を食い終わる頃にようやく出てきた。早い時間で店は空いていたのだがね。味の方は、肉を食べ終わって満腹だったこともあるがモチモチしすぎてチヂミっぽくないし味付けも濃すぎて旨くなかった。

薬味の味付けゴマネギはいらなかった。所詮薬味なので過度の期待をしてはいけなかったか。しかしこれで150円は高い。

お通しはキャベツの千切りでチャージ料は500円。高い。


コストパフォーマンスは最悪だった。
あまり味を気にせずに安い肉だけ頼んで多人数で長居するのが正しい利用法なのかもしれない。

帰路は肉を食った満足感は皆無で、翌日にでも別の焼肉屋に行くことを決意した。
----------------------------
後日、Webで評判を調べてみたところ、昔はもっと旨かったそうだが
近年は味・量の双方で劣化したらしい。オーナーが変わったのかしら?残念なことだ。
タグ:焼肉


posted by 塗りかべ at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2012年01月29日

飯 新宿柳苑(新宿:焼肉)

味:旨い
炭火焼肉 新宿柳苑

新宿の歌舞伎町にある焼肉屋『柳苑』の話。

ラブホテルとバッティングセンターが固まる地区にある焼肉屋に行ってみた。
店内は綺麗だが狭い。頑張って席数を確保している。

ゲタカルビ 旨い旨い
上ロース 旨い
上ハラミ それなり
上ミノ 旨い
海鮮チヂミ 旨い

ハーフサイズで注文できるのであれこれ頼むことも出来る。
どの肉も総じて旨かった。いい肉使ってる。

モチの入った厚いチヂミはあまり好きではないのだが、
ここのはシンプルなチヂミで美味しかった。
ゲタカルビはコストパフォーマンスがべらぼうに高い。

値段は、並やおすすめならばそんなにはいかないが、
上をあれこれ頼むと酒引いても一人5000円以上になる。

帰路は肉食ったあ、という思いに浸れた。
タグ:焼肉


posted by 塗りかべ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。