2007年10月07日

巨商伝 その一 とりあえず無料オンラインゲームをやってみる

ふと気が付くと無料オンラインゲームが雨後の筍みたく乱立していたので
手を出してみる事にした。
ぱっと見では似たRPGばっかりだったので、中から毛色の変わった商人RPGをチョイスする。
ジャンルは「MMOあきんどSRPG」とのこと。
交易商人となり、戦国時代を舞台に巨万の富を築くのだ。

・・・てほどに野心は抱いていない。
なんでもチマチマプレイができるので社会人にも安心なんだとか。
まったり行くとする。


サーバーが四つあるのだが一番新しい弁財サーバーを選択する。
新しいと言う事は古株がおらず初心者が多いと言う事だろう。
プレイヤー間に差が無いということ。
キャラの国籍は日本・中国・朝鮮・台湾から選べる。
当然日本人にする。

ゲームを開始すると、いきなり日本の田舎に放り出された。
場所は厩橋。群馬県あたりだった。なんでこんな所がアリアハン?

このゲームには初心者向けにクエストを出してくれる盲導犬NPCが用意されているので
一も二も無く話しかけてみる。
盲導犬NPCは戦闘用と商業用がいるのだが、話しかけたのは戦闘用だった。
「狸を十匹退治して来い」なんてクエストを出されてしまった。
もっと商人らしいものを用意してくれ。
何故かマタギの道を歩み出す俺に幸あれ。

不承不承ながらも、南関東あたりで狸を狩る。
と、面白いようにレベルが上がっていく。快感。
十匹と言われたが、百匹以上は狩ってやったわい。
レベルもあっという間に7まで上がった。

ところでこのゲーム、戦闘するとお腹が減る(満腹度が下がる)ので、
豆に食料を調達しないといけないらしい。
狸狩っているんだから狸汁で良い、とわ行かないらしく、米屋で食料を購う。

すっかり狸キラーとなった所で更にクエストを片付けつつ、
方々を行商して回る。



以下、ゲームの所感。

操作性はいまいち垢抜けていない。
商人が主人公なゲームの割に商売システムが泥臭い。
だが、とにかく軽い。大抵のパソコンでも快適に動く。

都市ごとに扱われている商品が固定されており、その商品以外は売買出来ない。
山葵は江戸でなら売買出来るのだが、小田原では売買出来ない訳。
需要が無いわけ無いじゃん。商品がやたらと細かいのが失敗なのだろう。
生産(販売)しているところで購入し、
生産(販売)していないところで売るのが商売の基本だろ。
それが出来ないのだ。アホなシステム。

せめて、コーエーの大航海時代を超えろよ。昭和のゲームを。
大航海時代に例えるならば、

ただ、レベルはサクサク上がるしゲームとしてはテンポがベラボウに早く、気持ちいい。
確かに社会人向けかも知れない。

シミュレーション部分は切り捨て、手軽さに特化したのかもしれない。
有料ならばともかく、無料でこれならば充分だ。
「MMOあきんどSRPG」の"RPG"の部分はね。
"あきんどS"としてはクソ。


posted by 塗りかべ at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59385649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。