2007年09月16日

ロマンシングサガ2 其ノ弐拾ト一 ゲソ焼き

さて、七英雄との争いに終止符を打つ前にアイテム回収と出稼ぎに赴くとするか。

ヤウダの東の山脈を越えてみると、古代人の町を発見。
領有は出来ないらしい。
が、無駄に迷路な町をガサ入れする。
更に砂漠の南の遺跡に潜りアイテムを回収する。
これで最強剣と最強槍を手に入れた。

合わせて武器開発も行う。何は無くとも斧を発注。
剣や槍と違い、最強斧は武器開発で手に入るのが悲しい。
高速ナブラが最強なロマサガでさえこの扱いだ。斧は不憫だ。
海賊王の斧とか作っておけよ。

ここで、武器防具は開発されても大量生産されないことに気付く。
既に最終皇帝なので年代ジャンプは起きないのだ。
つまり、複数人に装備させたくとも一つしか手に入らない。
どうせ武器は一人しか使わないのだから、防具優先で開発しておけばよかった、
と後悔するのだが奴等はいつも先には立たない。


ここらで金も溜まったので新市街を建設しようかと思ったら、
突如、城内城下にてシロアリが沸きだした。
人々に話しかけると、途端にシロアリに変化して襲い掛かってくるのだ。
凄い怖い。
なんだかんだで下水道から地下墓地に行き、
雪辱に燃えるサバンナ女王アリを駆除して落着。
はてさて、城内も城下に平穏が戻ったのだが、
本当に何事も無かったかのように振舞われている事が気持ち悪かった。
なんとも寝覚めの悪い事件だ。


で、そろそろ頃合かしらと、
七英雄最後の一人スービエを征伐しに南の氷海に乗り込むとしよう。
氷砕船でもって凍てつく氷海を切り進む。・・・この船、動力はなんなのだろう。
まあよい、と調子に乗ってサクサクと氷を割って進んでいたら、
突然イカの化物ことスービエが現れ、戦闘になってしまい戸惑う。

戸惑ったのもつかの間、七英雄一の美味そうなコイツは弱かった。
打ち切り漫画なみにアッサリと倒してしまった。


後は復活した宿敵クジンシーを葬ればお仕舞いなのかしら?
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック