2007年08月25日

千疋屋 チョコバナナパフェ

千疋屋日本橋本店


至高のチョコバナナパフェを探し求める求道者としては、
千疋屋に足を運ぶのは当然の成り行き。

しかしながら千疋屋は誘惑が一杯で、
なかなかバナナチョコレートパフェに辿り着けない。
前回来訪時も、
「こちらのクイーンストロベリーパフェは本日までとなっております」
なんてウェイターに甘言を弄されて浮気する始末。女王陛下に乾杯してしまった。
だってここフルーツパーラーなんだもの。

さておき、失地回復すべく再戦を挑んだ次第。
メニューを開くと常の如く、
アメリカンショートケーキ(ストロベリー)
フルーツサンドイッチ
辺りに目移りするが、なんとか初志貫徹してバナナチョコレートパフェを所望する。


出てきた代物は、バナナが角の如く天を突くロングホーントレインな
スタイル。
バナナ美味いな、こんな美味いバナナは初めてだよ。矜持を感じる。
甘いのだが尖らず、糖が均一・・・うまく表現できないが美味い。

生クリームを掻き分けてみると、アイスクリームが顔を出した。
バニラにしては黄色がかった妙な色をしている。
食べてみるとバナナアイスだった。
バナナチョコパフェなのだから当然といえば当然の構成なのだが、
初めての組み合わせだ。こりゃ面白い。

その下にはバニラとチョコのアイスが眠っていた。
で、更にその奥深く、良い具合に解けたアイスの坩堝のなかから薄っぺらい塊が出てきた。
クッキーかコーンフレークかと思ったが、
しばし悶々とした後にバナナチップであることに気付く。
バナナチップはドロドロになったアイスとチョコに絡まれて風味も何も無く、
ただ歯に挟まった。
これ、いらないんじゃないかな。蛇足。

まあ、バナナチップもバナナアイスもフルーツパーラーとしての矜持なのだろう。
名前もチョコレートバナナパフェではなくてバナナチョコレートパフェだし。

バナナもアイスもクリームもチョコも、満遍なく材料の品質が高いので美味かった。
こうして今日もまた一つ、物欲が鎮まったのであった。
諸々の禍事罪穢れあらむをば
祓へ給ひ清め給へ
タグ:甘味


posted by 塗りかべ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック