2007年08月18日

ロマンシングサガ2 其ノ壱拾 ホープダイヤモンド

現在の帝国領エリア:7つ

先代が見つけた東部密林の女の苑アマゾネス村に入りたかったので、
女フリーファイターを6代目皇帝に任命した。
帝国初の女性皇帝が誕生と相成った。

就任後、まずは現状把握であろうと情報調査室に赴く。
「宝石鉱山で毒ガス発生、採掘停止中。なもんだから国庫の収入は減少しとるがな」
「コムルーン島で地震が頻発に発生している模様。火山が噴火しそうなんじゃねの」
何この凶報ラッシュ。
拙速に女の苑に足を踏み入れようかと思ってたのに、初っ端から女帝ピンチ。

更に更に、
皇帝パーティーのメンバーを集めるべく東奔西走している最中に、
ムー遊牧一族の村にて「子供が行方不明になった」なんて事件を耳に入れてしまった。

さすがに228年も年代ジャンプしたせいか、色々と宿題が溜まっていたらしい。
どうするもこうするも、こういう時は優先順位を明確にして潰して行くしかないのだ。
とりあえず女護ヶ島はお預け、

とにかく国庫の減収は武器開発に露骨に影響を及ぼすのでかなり痛ヒ。
火山はしばらく持ちそうだし(多分)、子供は風の子だし、
減収が余りに悲痛だし、まずは宝石鉱山に向かうことにする。

どうやら坑道奥に魔物が潜んでいるとの事なので、とっとと乗り込んで潰しちまうとする。
坑内に踏み入る・・・特に毒ガスによるペナルティはなかった。
一歩歩くごとにダメージとか想像していたので安堵する。

行きがけの駄賃に、ちゃっかり宝石を回収し国庫を潤しつつ最深部に辿り着くと、
待ち受けていた雑魚ボスをあっさりと葬る。チョロイ。

すると、魔石とやらが姿を現した。
どうやらコイツを掘り当ててしまったのが毒ガス騒動の原因らしい。
そんな禍々しい石っころをカコンと打ち壊して騒動は解決した。
これにて一件落着。帝国財政は無事持ち直した。

ところでこの魔石でもって指輪が作れるらしいのだが、
そうすると指輪にLPを吸い取られてしまうらしい。
利用価値が見出せなかったので放置する。
多分ボス戦で役に立つのだろうが、そういうアイテム好かんのよね。


ここでようやく200万円たまったので、帝国大学の建設を命ずる。
国債は発行できないらしいので、チマチマと小金を貯めていたのだが、
この度の宝石鉱山で回収した宝石のお陰でようやく資金調達が叶った。
遠い道のりだった。
まあ良い。自己資本比率100%の無借金経営は、朕の望むところである。

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ロマンシングサガ2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51796912
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ホープダイヤモンドホープダイヤモンドは、現在スミソニアン博物館のひとつである国立自然史博物館 (アメリカ)|国立自然史博物館に所蔵されている44.50カラットのブルー・ダイヤモンド。『呪いの宝石』とし..
Weblog: むべなるかな都市伝説
Tracked: 2007-09-13 13:35