2007年08月16日

ロマンシングサガ2 其ノ九 アリアリコロコロ

現在の帝国領エリア:6つ

海路火山島経由で訪れた東の地は、
怪鳥がけたたましく熱帯雨林が生い茂る密林地帯であった。

密林の奥に村があるのだが、この村は塔に魔物が巣食っているは、
男をたぶらかす女王はいるは、
その女王にうつつを抜かす男に愛想を尽かした女は村を出て行ってるは、
よくここまで収拾付かなくしたものだ妙に感心してしまう。

で、その村にある謎の神殿には巨人が待ち構えており、
コイツを倒さないと中に入れないのだが、強いのなんのって。無理。
戦いを挑むも、適当に必殺技を閃いた辺りで撤退した。
きっと後代の皇帝が雪辱を晴らしてくれるさ。

で、村を出て行った女達は同じ密林の中にアマゾネスな村を築いているそうな。
早速探し当てるも、女の園らしく男皇帝が訪れても入れてもらえない。

この地域に唾をつけるのは時期尚早だったようだ。
戦略的撤退して、他のイベントを探す事にした。

あちこちウロウロしていたら、だいぶ必殺技を閃いていた。
もう枠が一杯なので覚えきれない。
使わない技を封印しても、すぐに閃き直すので面倒くさい。

とっとと年代ジャンプして技道場に登録しようとイベントを求めて彷徨っていると、
サバンナで馬鹿でかいアリがタムロしている村を発見。
人っ子一人いない。どうやらこの村は全滅のようだ。
って事は巨大アリに食われたのか、エグイのう。

別の村に行き情報収集すると、
最近人食い巨大アリが大繁殖しており、集落を襲っているらしい。
でもって、その村に宿泊すると、夜半にアリが村を襲ってきた。
侵入路は、村のど真ん中にポッカリと開いた大穴。
この大穴を塞いでも、また地下からやって来るだけで意味無いだろう。
なので突入する。

ずんずんと奥に進むと、地底亜人ことモグラ人間がアリどもにいじめられていた。
アリによってモグラはだいぶ食われてしまったらしい。
お前ら漢字で書いたら土竜の癖に弱いよ、戦え竜族。
仕方が無いので、助けて回る。

更に奥に進むと、馬鹿長い卵を抱えた女王アリが鎮座ましましていた。
分かりやすい元凶で結構だ。
アリの巣コロリは効きそうにも無いので、勇んで戦うとする。

なにせ、肩書きからして女王よりも皇帝のほうが偉いのは自明の理なので、
当然これに勝つ。すると、兵隊アリどもも消えうせた。駆除成功。
モグラ人間にエライ感謝されたさ。

後は村のハンターに話しかけて年代ジャンプするばかりなのだが、
その前にあまり使わない武器で戦闘して初歩的な技を閃いておく。
あまり技スペースに余裕が無いのだが、だからこそ覚えて登録しておく。
次代にまた閃きスペースが一杯になってしまうことを極力予防するのだ。
朕って絞まり屋さん。

村に帰ってハンターと話すと、帝国領にサバンナが加わった。
村と熱帯草原のみ、お世辞にも生産的とは言えない土地だが、
地政的には大陸の中央に位置する要所である。
マップ移動出来るようになるので、大陸の移動が幾らか楽になるだろう。
でもって年代ジャンプ。

戦い過ぎたせいか、228年も年代ジャンプした。

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック