2007年08月10日

パワフルプロ野球14 栄冠ナイン攻略 其之弐 野手育成

パワフルプロ野球14 栄冠ナイン攻略 其之壱 基本と投手育成
【PS2】実況パワフルプロ野球14

○野手育成方針
投手に比べ、野手は守備と打撃の両面を鍛え上げなければならないので、
事前に自チームの青写真を描き、育成方針を定めて練習配分の加減に知恵を絞らなければならない。

方針としては、攻撃は作戦次第で得点可能だが、守備は失点に直結するので
守備を優先している。
走力は打撃・守備の両方に影響を与える能力なので最重視する。全員D以上は欲しい。
走力があれば盗塁・フライ捕球が増えてダブルプレイが減るので、
そこそこ試合が作れるようになる。

初期育成方針は、まず能力Gを無くす事から始める。
そこから、下記のポジション別方針に沿いつつ、
ある程度のレベルまで守備(D〜F)・走塁(D)優先で育成。

その後、選手個々の伸びや特徴を鑑みつつ育成し、
更にその後はパワー優先育成にシフトする。
信頼度補正のためか、打撃成績との関連性が認められないミートは軽視の方向で。


捕手 守備優先
捕逸を防ぐためにも守備優先。守・エラーを鍛え、次に肩→足→パワー。
捕手の肩力は必要無いよ派もいるが、
試合オート進行時にどうなっているのか分かったものではないので、
我がチームでは最低でもDまで鍛えている。
守備も重要で、捕逸は失点に繋がる。
何故か甲子園ではやたらと捕逸が多くなる。単なる偶然か、魔物のせいか。
何れにしろ、守備機会が多いポジションなのは確かだ。
そりゃエラー判定機会も多いいさ。
守備系能力は最低でもD、甲子園ではCは欲しい。

一塁手 打撃優先
守備とエラーはEで、肩はFで結構。
次にパワー・足・ミートの優先順位でひたすら鍛える。
ミートC、パワーA、走C or D が一つの基準。
そこから先はお好みで(走力がお勧め)。

二塁手 守備優先
守・肩・走優先。走全てD以上、甲子園ではCは欲しい。打撃は捨てる。
ダブルプレイを取るために守備・肩が必要。
ポテン・ヒットや外野前ヒットを捕球し、内野ゴロ・フライにするために走力が必要。
ある程度で守備練習は留めおいても、走力は最後まで鍛え続けている。
〜の牛若丸と呼ばれがち。


三塁手 打撃優先
一塁手と同様、守備機会が少ないので打撃優先。
ただし、肩は鍛えておく。でないとサードゴロを内野安打にされてしまうので。

遊撃手 守備優先
二塁手と同様。こちらの方が若干、肩力重視で。

外野手 打撃・走力優先 ある程度、守備と両立
基本的には打撃優先なのだが、球場が予選決勝球場・甲子園になると外野が広くなる。
ある程度勝ち抜けるようになったら、ボールを追いかける機会が増えるので、
走力を中心に守備を鍛える必要がある。
甲子園でライトがトンネルした時は思わず叫んでしまった。

左 打撃優先

中 走力・打撃優先

右 打撃・肩優先



○野手育成方針 纏め
能力の基本優先順位:走>守備・エラー>肩>パワー>弾道>ミート

全員 全能力:F以上、弾道:2
全員 守備・エラー・肩・走力:E
全員 走力:D
二遊捕 守備・エラー・肩:D、走力:C

全員  パワー:E、ミート:E
二遊捕 守備・エラー・肩:C
三   守備・エラー:E、肩:D

全員  パワー:D、弾道:3
二遊  走力:B
外   守備・エラー・肩:D

全員  パワー:C
外  走力:C

全員  ミート:D

この基本計画を達成した辺り(能力C)から、
個々の選手によって伸びが鈍化する場合があるので、
伸び率を睨みつつ、パワー選手と走力選手に分ける。
守備面での効果を考えると、走力選手にする優先順位は
二遊>外>>三>>一>>捕
となる。

全員のパワーがC・信頼度MAXになると、
弱った相手投手に強振で襲い掛かり、連打を繰り出す物の怪打線に豹変する。
また、地方球場ならば犠牲フライがホームランになるケースが大幅に増加する。


後は
・パワーBになると甲子園でもホームランが出るようになる。
・パワーがBになったら弾道:4にすると更にホームランが出易くなる。
・ミートはDで充分、Cもあれば十二分と思しき。


こんなとこ。
あくまで基本計画だが、とりあえず上記の方針で育成したら
強豪相手でも打ち崩せるようになり、
甲子園制覇を成し遂げた。

走力全員C以上、パワーA・Bがそれぞれ二人ずつ、ミートは高いやつでもC。
これで、甲子園における防御率6点台を帳消しにする、
平均得点10の打線を布陣できた。

パワフルプロ野球14 栄冠ナイン攻略 其之参 試合戦術


posted by 塗りかべ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50960633
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。