2007年07月28日

ロマンシングサガ2 其ノ六 海軍強化

現在の帝国領エリア:4つ

このロマサガ2、
発売から14年を経てなおも十二分に遊戯に耐えるのだから、
大したものだよスクウェアは、昔の。

そんなスクウェアも、特別損失をこさえた挙句にエニックスと合併。今はもういない。
何時からスクウェアはおかしくなったのかと考えると、
さして時間も掛からずにファイナルファンタジーの映画であることに気付いた。
赤字額そのものよりも、昔はゲームでしか追求出来ないものを目指すと言っていたのに、
映画のようなゲームを作成した挙句に大枚叩いて本当に映画化させたその変心だ。

悲しいので、今日もロマサガ2で懐古主義に入り浸る。
陣形とか技の閃きとかキャラの伝承とかバランスとか、
ほんとにこの頃のスクウェアのエンジニアリングは凄いなあと。


次代の4代目皇帝は新メンバーのホーリーオーダー男にした。
強いねコイツ、デフォルトで盾装備しているし。他キャラよりも防具が一個多いわけだよ。
しかも陣形持っているし。ホーリーウォールだってさ、憧れの新陣形だ。
でもこのゲームは陣形の効果等の説明が何もない。どのような陣形かをWEBで調べてみる。
・・・フリーファイターの次に使えないらしい。高揚に水を差された。辛い船出だ。


さて、4代目皇帝の目の前には、帝国東に広がる北ロンギットが映っている。
当面の戦略目標は、この地に蔓延る武装商船団を降して海運を安定させる事だ。
運河要塞の海賊退治の時も結局は陸から攻め込んだし、
シーパワー0なんだよね、この帝国は。

皇帝自ら小癪な武装商船団が巣食う町に乗り込むと、
都合の良い事に商船団どもの会合を盗み聴く事が出来た。
ここで商船団の根城への行き方を知る。陸路と海路の二通りがあるらしい。

とりあえず商船団と交渉を持つと、なかなか強情な連中でスカした要求ばかりしやがる。
交渉決裂、根城に乗り込んで潰すとするか。
とはいえ、陸路も海路もモンスターが何故かやたらと強い。
このゲームは雑魚敵つえーのなんのって、ボスより強いよ。
仕方が無いのでチマチマと敵を倒してレベルアップに務める。
すると、結構な金が溜まっていた。

ここで玉座についた4代目が帝都に術法研究所を建設する事を思い立つ。
思い立ったらその場で部下に建設を指示する。で、着工。すぐやる課があるらしい。
費用は100万円かかるそうな。
平行して武器開発も行ったら国庫が空になった。

そんなこんなで4代目御一行も逞しくなり、
ルドン地方の東からモンスターの巣食う抜け道を進める程度には強くなった。
ので、とっとと武装商船団のアジトがあるハリア半島に向かうとする。

で、商船団アジトに侵入するのだが、戦闘になるかと思いきや船長は
「陸から来るとは信じられん! オレ達の負けだ。 要求は何だ?」
とあっさりと負けを認めた。
シブイ。言い訳しないサイレントネービーである。シブすぎる。
なので解散させずに服従させ、商船団は存続させた。
でもって武装商船団を降した我らが皇帝は、北ロンギット地方を領土に組み込み、
北海の制海権を手に入れたのであった。

こうして帝国支配エリアは5つに拡大した。
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
この記事へのコメント
初コメですo(〃^▽^〃)o
なかなか興味津々です( ̄m ̄〃)
また覗きにきますね♪僕のブログはちょっと気分悪くするかもしれないのであまりみないほうがよいかと・・・
Posted by 新川すぐる at 2010年03月29日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49522521
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック