2007年07月18日

ロマンシングサガ2 其ノ弐 帝国の黎明

現在の帝国領エリア:1つ

ジェラールが北バレンヌ地方を統一してから一年が経過した。
きっとその間は継いだばかりなので帝国の内政に専念していたのだろう。
そして機は熟したとばかり、全身タイツを脱ぎ捨て甲冑に身を包んだジェラールは
野望の赴くままに帝図拡大に撃って出た。

進出先なのだが、
海路は海賊が幅を利かせているので使えないと言われる。
帝国は大陸の北辺、陸路は南のみ。自動的に進出先は南バレンヌ地方に決まった。
この地方には町が一つ、格闘家集団が一つ、運河要塞が一つある。
無闇に癖の強い妙な地方だ。旨みは少なそうだが、選択肢は無い。


唯一の町に行くと、近隣に巣食うモンスターに頭を悩ませているらしい。
どうやら、今まで町を守っていた格闘家集団『龍の巣』が今回は手を焼いているそうだ。
そんな悩める龍の巣に行くと、パンチもキックも通用しないスライムがいて、にっちもさっちも行かないでいるそうな。
格闘家の癖にカメハメ波もドドンパ波も使えんのか。嘆かわしい。
では道具を使ってなんとかしよう、という脳もないらしい筋肉馬鹿どもに、
スライムだけを倒してくれと頼まれる。日月乾坤刀を使え日月乾坤刀を。

モンスターの巣穴に行くとスライムがウヨウヨいた。夢見が悪い。
プチプチ潰して更に奥に進むと、この巣穴のボスがいた。
勝負を挑むが・・・強い!
尻尾を巻いて逃げだし、龍の巣の格闘家に泣き付く。
すると格闘家が巣穴に乗り込み、ボスをフルボッコした。(゚Д゚)ウマー

結果、町からも龍の巣からも感謝され、帝国の勢力化に収まった。
ちなみに、皇帝がボスを倒した場合は面子を潰された格闘家に戦いを挑まれるらしい。
勝てば龍の巣は勢力化になるが、龍の巣は衰退してしまうそうな。結果オーライ。

さて、次なる獲物は憎々しい海賊の拠る運河要塞だ。
とっとと制海権を手に入れなくては。

現在の帝国領エリア:1つ
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック