2007年07月03日

BUSIN 0〜Wizardry Alternative NEO

名前がややこしいのだが、BUSIN 0 はBUSINシリーズの2作目だ。
ウィザードリィの続編というか外伝というか、
Wizの権利を持っている会社がアトラス社に話を持ち込んで世に生まれた。
そんな作品。


クリティカルヒット
  . ○.
  : . .. ― ○_!
Θ_/|ヽ  ― |_
.. Г\  ― / /
BUSIN 0〜Wizardry Alternative NEO


このシリーズの雰囲気が好きだ。

作り手のWIZに対する愛が伺える、拘りの世界観。
街中は暗雲が立ち込めており退廃的で終末的。
誰にも媚びない絵面。
多次元でマッピング・攻略本泣かせな迷宮構造とその閉塞感。
各階層の造りに趣向が凝らされており、次のフロアに進むのが楽しみで堪らない。
特にエレベーターと吊り橋の演出は見事で、乗り心地は最高だった。

個人的には死神のアイデアが秀逸だと思う。
フロア探索開始から一定時間が経過すると、
迷宮内に死神が現れて冒険者に取り付くべく追い掛け回してくるのだ。
死神に取り付かれた状態で死亡したキャラは蘇生出来ない。
その時点でロストしてしまうわけ。
すぐに地上に変えれば良いだけなのだが、システム云々ではなくて
死神の登場の仕方が恐ろしさが見事な精神的な緊張感を醸し出していた。
たまにウザかったが。


ただ、1作目はシステム・ストーリーはあまり良い出来栄えではなかった。

魔法習得に必要なアイテムが大量に必要なのに、一つ一つ合成しなければならない。
戦闘開戦時のムービーを飛ばせない。
その癖ロード時間なげーよ。

シナリオも、記憶喪失な主人公に恨みを抱いている奴に
意味も分からず噛み付かれるという
フラストレーションの塊のようなイベントがチョコチョコあって不愉快だった。


が、
2作目のBUSIN0においては、上記の不満点が解消されていた。

前作のストーリーとの関連性は存在せず独立しているのだが
そのシステムは継承されていて1作目の見事な雰囲気をそのままに、
システム面では前作の痒かった隅々まで手が届いている。
その製作サイドの姿勢に感動した。
(ただし改善されたのはシステム等の使用性であり、
致命的なバグや説明書の不備があるので信頼性は低かった)

ストーリーは淡白になったが、潜る楽しみを阻害しない適量と言えるだろう。
足りない分は想像で補っちゃえばいいじゃない。 YOU補っちゃいなよ。

プレイヤーキャラたちも余計な言動を起こしてプレイヤーを振り回さない。
様々な味付けはされているが、
基本的にシンプルな戦闘と探索・マッピングメインのゲームなのだ。

終盤、あれ、もう終わり?といった物足りなさもあったが 、
これは製作者が欲張りすぎずに作りたいと思ったものをキチンと高い精度で実現した良作だ。
一応、隠しダンジョン(タワー)もあるし。
つーか最近のRPGは所要時間が掛かりすぎるのよね。


WIZに比べて難易度が低いという声もあるが、
間口の広い家庭用ゲーム機での万人受けは不可能だろう。
そこはアレイド(合体技)の使用禁止やパーティー人数の制限などの枷を用いれば良いわけだし、
この点は止むを得ないと考える。
むしろ、難易度を上げるための縛りプレイ可能なシステムが組まれているように感じた。

ちなみに、ゲームクリア後の二週目パーティーは侍とモンクのコンビだった。
クリティカルヒットの恐怖が8割増しだったさ。


ただし、一つだけ悲しい記憶がある。
迷宮最深部のラストボスとの戦闘は頂けなかった。
ある地点に行くと、勝手に戦闘に突入してしまうのだ。
いままで従順だったPCたちが
PC「とうとうここまで来た」
私「ん?」
PC「みんな、絶対に生きて帰ろう」
私「おいおいおい」
PC「行くぞ」
私「waitwait,ちょっと待てちょっと待て聞いてないよ聞いてないよ」
みたいにPCが勝手に覚悟を決めて突撃しだしたのだ。
というわけで、私はこのゲームを成り行きでクリアしてしまいました。
ちょっと悲しかったぞ。ちょっとだけな。
(ウィザードリィエクスも似たようなクリアの仕方だった。まあ、あれよりだいぶマシだが。)


しかし、ウィザードリィの誕生から四半世紀を経た上でなおも
信者の止まない現状を見るにつけ、
万事につけて草分けを超えるのは酷く難しいものだと痛感する。

色気蛇足を入れる余地の無い当時のコンピューターの処理速度と記憶容量が、
テーブルトークRPGをコンピューター上で再現したいという
単純明快なWizの開発コンセプトを骨太に実現たらしめたのであろう。

もはや、キャラグラフィックの無いゲームなど許されない昨今、
商業でそのような骨太は許されなかろう。
個人の作ったフリーゲームソフトが妙に燻し銀に懐かしく見えて困る。困らないけど。
久しぶりにフリーゲームでも漁ってみるかな。
ネットの迷宮に潜りまひょ。
【PS2】BUSIN 0(Best版)

地下迷宮の中は薄暗く、モンスターの陰がチラホラしているので、
このゲームをプレイしていると涼しくなります(除 マグマフロア)。
嗚呼迷宮に潜りてー、なんて日にどうぞ。
ねーか、そんな日。
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 20:40 | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46552796
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック