2007年06月12日

甘酒おいしいよ甘酒

冬になると、コンビニでは缶コーヒーとともにあったか〜い甘酒が売られだす。

よく見かけるのは森永と白鶴の甘酒だが、
森永は塩が入っており、ちとしょっぱい。
白鶴は蜂蜜が入っており、ちと甘すぎる。
だから混ぜると良い塩梅になるのだ。知る人ぞ知る秘伝のレシピである。


そんな冬の風物詩な癖に、甘酒は俳句では夏の季語となっている。
そもそも、甘酒は夏に冷やして飲むものだったらしい。
ビタミンB、アミノ酸、ブドウ糖やら成分が点滴と酷似しているらしく、つまり夏バテ防止によいそうだ。

冬に酒が造られ、夏には甘酒が造られる。
いよいよ甘酒のシーズン到来なわけで、私も夏場に甘酒を冷やして飲んでいる。
いや、単に甘いものが好きなだけだがね。


近江の地酒 はしもとや
http://www.oumi-jizake.com/amazake.htm

このはしもとやで売っている国菊あまざけが非常に美味しかった。
白鶴や森永の缶とは値段が違うので単純に比較するのは酷なのだが、
はしもとやを知るまでは甘酒がこんなに美味いものとは知らなかった。

そもそも製法が違うらしく、はしもとやの甘酒は酒粕を使わずに
米と米麹のみで作っているのだ。砂糖蜂蜜不使用。

生まれてこの方、ずっとこの国で過ごし米ばっか食っているというのに、
米だけでここまで甘くなるというのがカルチャーショックでしたよ。
損したような得したような複雑な気分だ。
この国は奥が深いなあ。
こういうお店は大事にしたい。
私は甘酒以外の酒は飲まないので、せっせと甘酒を購入している。


ちなみに、はしもとやの国菊(発芽玄米甘酒)と国菊(黒米甘酒)はあんまり・・・
もちろん好みの問題なのだろうけれど、存在意義が判らない。
プレーン国菊の方が余計な味が無くてよっぽど美味しいと思うんだけれどね。

さて、他の地酒屋の甘酒にも手を出してみて、利き甘酒でもしやうか。
タグ:甘味


posted by 塗りかべ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44671490
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。