2007年06月09日

ラジアータ・ストーリーズ(其の壱)

ラジアータ・ストーリーズ(PS2)

結構前にプレイしたRPGゲームの話。ネタばれ無し。
とあるWEBサイトのラジアータ二次小説を読んでいて、
このゲームのシステムは、オンラインゲーム向けだったのではないか
と思いついたのでツラツラとよもやまに書いてみる。


あまりパッケージ買いという事はしない方なのだが、
このラジアータに関しては、
パッケージに描かれていたフィレンツェのような
雰囲気ある赤屋根城下町並みイラストと、
ギルドで依頼を請け負って遂行するという
自由度の高そうなゲームだったことから衝動買いした。
明るそうなゲームだったし。
・・・まあ、全然違うゲームだったわけだが。

http://www.square-enix.co.jp/games/ps2/radiata/ (SQUARE ENIX)

○ストーリー
騎士を目指す単純な脳をした少年が主人公な物語。
前半は小ッ恥ずかしいぐらいコミカルな展開で進むのだが、
後半は打って変わってシリアスなストーリー展開に切り替わる。

○プレイ雑感という名の不満
基本、好感の持てるゲームだった。
戦闘シーンはあらかじめ設定しておいた連続技をボタン連打で繰り出すアクションタイプ。
単純で良い。よし、年寄りにやさしいぞ。
レベルがポンポンあがるのもよい。 テンポも良い。純粋に楽しい。

しかしながら、ストーリーは自由性のない紙芝居でしかない。
戦闘してムービーイベントが流れて、を繰り返す、
ストーリーとキャラがプレイヤーを振り回すタイプ。

なのに肝心のストーリーがつまらない。
というか、主人公が竹を割ったというよりは脳無しで勢いだけの傍迷惑な性格の癖に、
肝心なところで尻すぼみして消極的になるヘタレなもんで、
勝手な言動でプレイヤーを振り回す一方、運命や状況に翻弄されっぱなしだった。

ギルドに所属して依頼を受けるとかパッケージ裏面に書いてあったのだが、
そこも自由性なし。結局、小出しに出てくる依頼を虱潰しに一つ一つ遂行するだけ。
数が少ないのが致命的だ。

登場人物は個性豊かだが、掘り下げ方が中途半端。
二次小説向けを狙ったのか?

あと、街中移動がまだるっこしい。マップ画面移動にしてくれ。
あとルーラが欲しい。リレミトもキボン。


○概ね
中垂れもせず面白いのだが、不満点がゾロゾロ出てくる珍妙なゲーム。
多分テンポが良いためだろう。
残念ながら、着想とシステムとストーリーがケンカしているのだ。
自由度が高いことが前提なシステムの癖に、ストーリーは悲劇へとまっしぐら、
押し寄せる無力感が著しかった。
そもそもストーリーが前半と後半とでケンカしている。
雰囲気の激変についていけなかったさ。

これ、オンラインゲームにして日常を充実させれば化けるんじゃないかしらん、
とWEBで脇役が溌剌としている二次小説を読んで思い至った。

システムは自由度が高いゲーム向けなのに、
ストーリーが御都合主義な強制展開で嫌気が生じる。

でも、不思議と不満度と並ぶぐらい好感度の高い、
面白かったけど他人には薦められないそんなゲーム。

ラジアータ・ストーリーズ(其の弐) 極めてネタばれ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック