2014年10月05日

草野球バットレビュー「SSK 軟式金属バット メタルハンター2」

軟式金属バット
85cm、740g平均、68mm
超々ジュラルミン
トップバランス

バットの芯の部分が凹凸している(バンピーコア)。ここに当てないと意味の無いバット。

細身スーパートップで実寸85cmよりも長く、やや重く感じる。
けど振り抜きは良い。金槌みたいなバット。
やや癖があるので慣れが必要である。なので人から借りて打つのは難しいかも。

バンピーコア部分で打つと不自然で気持ち悪いぐらい打球が伸びる。
外野手が、数歩前進した後に打球の伸びに気づき慌てて背走する守備泣かせの一品。打球が落ちてこない。
飛距離で言えばこのバットはずば抜けている。
でもバンピーコア以外の根っこの部分に当てた場合はあまり飛ばない。
ビヨンドと同じく、引き付けてからフォロースローを大きくして打った方が打球が伸びる気がする。

個人的には根っこの部分でも飛ばせる重い金属バットの方が好みなのだが、ホームランだけを望むならこのバットが最高。
普通の金属バットよりもお値段高めだが、ホームランは金で買うものである。
大多数のおっさんにとって草野球は資本主義なのだ。

ただし大会によっては規定で使用不可なので注意。

タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406579481
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。