2014年10月05日

草野球バットレビュー「ミズノ 硬式用金属トレーニングバット(実打可能) ビクトリーステージ ハンマークラフト1200」

硬式実打可能金属バット
84cm、1200g平均、64mm
超々ジュラルミン
ミドルバランス

「1200gの重量ボディーが生む、絶大なるインパクトパワー」

メーカーサイトにもバランスが表記されていなかったのでメーカー確認したらミドルバランスとのこと。
重いね。持つだけで嫌になる手応え。振ると怪我する感が半端ない。
しかし振ってみるとちゃんと振れる。重いと言ってもミドルバランスなのでバットに振り回されるほどではない。
バッティングセンターでもちゃんと振れてちゃんと打てる。
それでもやっぱり重いので下半身を使わざるを得なくなるから手打ちの矯正と下半身・上半身の鍛錬にもなる。

ただ、最初のうちは重いバットなのでフォロースローに気を使ってしまい。怪我しそうなので恐々振ってしまう。そのうち慣れたけれどね。パワーアップはすけれど、気を付けないと変な癖がついてしまうかも。

あと、トップバランスのバットを扱う練習にはならないね。



タグ:野球 バット


posted by 塗りかべ at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406573023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック