2014年09月29日

草野球バットレビュー「タマザワ 軟式アルミバット スーパースラッガー TBA-69845」

一般軟式金属バット。
84cm、850g平均、69.5mm
超々ジュラルミン
トップバランスというか超トップバランス。

探した限りでは軟式トップバランス金属バットの最重量バット。
これより重いバットはみんなミドルバランスだった。

トップバランス表記だが実際はスーパートップ。
そんじゃそこらのトップバランスバットよりも先っちょに重心がある。
なので900gの硬式トップバランス金属バットよりも重く感じる。
スーパースラッガーを名乗るだけのことはある。
また、グリップがかなり細くて扱いが難しい。

重いと言っても850gなのでバットに振り回される事はないのだが、グリップから重心までが遠すぎて、硬式用の900g超のトップバランス金属バットよりもバットコントロールが難しい。
当たれば飛ぶが、うまく当たるようになるまで時間を要した。
慣れるまでしばらく、先っちょにある重心の位置に違和感しか感じなかった。

うまいこと捉えるとギュイーンとべらぼうに飛ぶ。バットがボールを押し込んで弾いてくれる。ボールに押される感触がほとんどない。根っこに当たっても球の勢いに負けないのでそこそこ強い当たりが飛ぶ。

腕力ももちろんだが、テクニックも必要なバットだ。
また、バッティングスタイルの向き不向きが露骨にでるバットなのだろう。ホームベースから離れて立つか足を開いて打つ落合みたいな打者に向いているのではないかと。
逆にボンズみたいな打者には不向きだろう。

こだわり系バットの割にお求めやすいお値段だ。在庫は少な目の様子。
タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406242349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック