2014年09月29日

草野球バットレビュー「ディマリニ D-MAX 軟式用 WTDXJRNDM」

一般軟式金属バット。
84cm、690g平均、68mm
超々ジュラルミン
トップバランス

購入したのは84cmバージョンだが、83cmバージョンもあり。
現在84cmバージョンは売り切れの様子。

トップバランス表記だがミドルバランス寄り。
グリップは太からず細からず。
グリップテープが平坦かつ滑りやすいので張り替えをお奨めする。

バッティングセンター用に購入。
試合でチームバットのミズノビヨンドを使ったらバットが軽すぎてまともにスイングできなかった。ヘッドがすぐに出てきてしまうのだ。
ビヨンドをバッセで使うとすぐボロになるから、練習用にビヨンドと同仕様のバットを探してこのバットに辿り着いた。

このバットはとにかく軽い。振り抜きも良い。トップバランスだが自由自在に操れる。ハーフスイングも自在。
女子供でも扱えるだろう。
ただし、その分だけ球の重さに押される。
ボールを力任せに無理やり飛ばそうとすると手首を痛めてしまう。実際にバッティグセンターでひたすら飛ばしたら痛めた。マイガ。
まあ、踏ん張りつつ軽く合わせて芯の辺りに当てれば内野の頭は超える。外野の頭を超すのは容易ではないと思うけど。
ヘッドには振り抜きを良くするためという得体の知れないデコボコしたキャツプがついているが、気にならなかった。

一応、このバットのおかげでビヨンドをスイング出来るようになった。
また、いままでバットの重さ任せであった割れを会得できたのは嬉しい誤算であった。

かなり安価な点が魅力。
お奨めはとにかく腕力に自信のない方、軽いビヨンドに慣れるべく練習用金属バットをお求めの方、割れを習得したい方。金のない方。


タグ:バット 野球


posted by 塗りかべ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406191117
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。