2011年06月13日

ミズノ軟式グラブ井端モデルと捕球について

能筆家は必ず好筆を用いる。消しゴム使えないもんね。
実際の所は弘法はメッチャ筆を選んでいたそうだ。

と、財布の紐への説得工作を済ませ、井端モデルのグローブ(一般軟式用)を購入したのが昨年の春


シーズン開幕まで間がなかったので、購入店に湯もみしてもらった。
Amazonの方が安かったし送料無料だったが、湯もみがないのよね。
楽天からこちらの店で購入し、スチーム&型付け(少し硬め)をしてもらった。


それまではどうも捕球が下手クソなもので、一度はグローブ内に収めたボールをしばし弾いてしまっていた。
指の第三関節と掌を曲げてグローブを閉じる(グローブを">"の字にする)のではなくて、
第一関節を曲げて球を掴む(グローブを"コ"の字にする)ように捕球すると良い、
と聞いたので試してみたらだいぶマシにはなった。が、まだゴロをこぼしがちだった。
そこで、道具のせいにしてみた訳だ。

とりあえず壁投げで使ってみた。これがとても捕球しやすい。
それまで使用していたミズノのオールマイティグラブに比べて、そこそこ深めなポケットにボールが勝手に収まってくれる。
でもポケットが深すぎて捕球したボールを取り出し難い、なんてこともない。

捕球が下手だったのは道具のせいだったのか、あるいはグローブが腕を補ってくれたのか。
両者だと思う。
内野手用グラブとオールマイティグラブの違いもあろうかと。

実際に試合においてファースト、セカンド、ショート、外野で一年間使用してみたが扱いやすく、
適当に手を出すだけでボールを捕球できる。
ポケットが深めなので外野フライ捕球も問題ない。
もちろん魔法ではないので限度はあるが、グローブを変えただけでここまで違うのかと魂消た。
同じミズノなのだがね。

まあ、プロの中でも名手の誉れ高い内野手の道具を模しているのだから捕球し易いのは当然ではあるが。
加えて、グローブだけではなくて、湯もみの腕もあるのだろう。この店は良い腕だと思う。

なので、井端モデル+湯もみはオススメ。
敬愛できるグローブは扱いにも気を使うので長持ちするだろうし。


グラブの手入れ用に購入したのが、スポーツ用品店がおススメしていた下記。
10%OFF!!MIZUNO【ミズノ】レザーケアクリーム

10%OFF!!MIZUNO【ミズノ】レザーケアクリーム
価格:1,220円(税込、送料別)



ミズノのレザーケアクリームはグローブ購入初期に使用し、後は年に1、2回使っている。
普段の手入れはホワイトベアーの皮革用レザーローションを使って汚れを落とす程度にとどめている。
タグ:野球


posted by 塗りかべ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック