2010年10月31日

中足骨痛の対処

足の裏がいてえ。

野球やったら足の甲(足背)が痛み出した。
どうやらスパイクの紐をきつく締めすぎてしまったようだ。
で、しばらくすると今度は足の裏が痛み出した。

この足裏の痛みは中指の中足骨骨頭痛というらしい。
そのまんま、中足骨の骨頭が痛むものだ。


足裏には3つのアーチがある。
踵部分、親指付け根、小指付け根の3箇所を支点として、内側縦アーチ(土踏まず)、外側縦アーチ、そして横アーチ。
中足骨痛は、足靭帯が緩むことによりこの横アーチが潰れてしまい、中足骨が地面に付いてしまう&骨が神経に当たってしまう事による痛みだそうな。

見えないからよく分からんが、霊長類の2足歩行という進化の賜は結構微妙なバランスの上に成り立ってるのよね。腰痛とか。

この痛みを我慢して無理すると、疲労骨折しかねないらしい。
危険危険。

とりあえず歩く際には足指が横に広がらないように気をつけてみる。
すると、だいぶ楽になった。が、これは疲れるので長続きしない。

日常生活において足は使わざるを得ない。庇うのが難しいので足の怪我というのは長引いてしまいがちだ。
とはいえこのイライラする痛みとは付き合いがたい。
そうそうに縁を切るべく、文明の利器に頼るとした。


基本、中足骨痛には痛み止めと中足骨パッドを用いるらしい。
パッドを足裏の中足骨踵寄り手前に置き、中足骨骨頭を持ち上げて接地の衝撃を和らげるのだ。そして骨の位置を矯正する事により緩んだ足靭帯が修復する余裕を与える仕掛けだ。
痛み止めはいいや、中足骨パッドだけでいこう。

で、いろいろ試してみた。
・インソール
・健康サンダル
・サポーター
・クッション

まずはインソールを試してみる。



●インソール
アメリカ足病学協会も認めたトータルフットサポートインソールとやら
その名もぺダック バイタリティー


ぺダックは社名らしい。どうでもいいけど。

しなやかなインソールだ。3つのアーチを補強してくれる。
使ってみると、結構調子が良い。人差し指・中指の中足骨手前がポッコリと膨らんでいるお陰で中足骨があまり接地しなくなり痛みが和らぐ。

が、使用を始めてからしばらく経つと踵のヒールパッドがキュッキュッと鳴りだした。
ドラえもんやタラちゃんみたく。
このままでは周囲から青狸呼ばわりされてしまうので使用を断念。

効果はそこそこあっただけに残念。


●健康サンダル
ドクターダリウス



高級感溢れるサンダルです。

エアークッションが仕込まれているため、サンダルにしては靴底がやけに厚い。
で、中足骨手前の辺りがポッコリと膨らんでおり、中足骨を持ち上げて守ってくれます。

職場で使ってみる。
確かにそこらのサンダルやスリッパに比べれば足裏の負荷はだいぶ軽くなる。
サンダルということを考えれば逸品ではある。
値段も逸脱しているが。

が、所詮はサンダル。足がズレがちだ。
中足骨パッドも低めだし、これは足の疾患予防・悪化防止には効果が高いが、治療するほどの威力はないか。

まあ、高い割に損した感は無い。常用している。


●サポーター
ソルボヨコアーチサポーター薄型タイプ


ジェルパッドの付いたサポーターでおます。

ジェルパッドがグニョグニョしている。これで歩けるのか?
とりあえず、パッドが人差し指・中指の中足骨手前に当たるようにサポーターを履く。
歩いてみると、思ったよりも気にならない。
一日履いてみると、時折違和感のような微かな痛みがあるような・・・
でも中足骨は痛まない。

2日履いて過ごしてみると、中足骨痛がだいぶ和らいだ。
すげえソルボパッド。

流石に即日で完治とまではいかないが、治癒に向かいつつある。
これお奨め。


●パッド
クロサルファ 開張足ケアパッド



ソルボのサポーターのジェルだけバージョンです。

片側が粘着で、足裏にペタリと直に貼り付ける仕様。
効果の程は、基本的にソルボのサポーターと同じなのだが、靴下を履かないといけないし、位置の微調整がし難い。
それに、靴下履いていても剥がれがちだ。靴下を履いているので取れはしないが、違和感が若干気になる。というか気に障る。

これはこれで効果は十分あるし、手軽感があるけれど、どうなら上のソルボ サポーターを推す。
使い分けも可だが。



そんなとこ。


posted by 塗りかべ at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | なんか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック