2010年10月24日

ブラウザゲーム『部族戦争』 〜とある村の興亡期〜10

間が空いてしまったが、とりあえず綴る。


村が発展してくると鉄が余り粘土が不足するという噂であったが、なぜか我が村は逆であった。
粘土が余り、鉄が不足する。
兵を雇いまくっているせいか。
あるいは自分の進め方はどこか抜けているのか。

まあ良い。それならそれで村が滅ぶだけの話。
飽きるか滅亡するまでの間、精一杯に興すとしよう。そんな興亡期。


兵増えてきたので略奪量が増えてきた。
もはや自村での生産はあまり意味を成さなくなってきている。
しかも生産施設は割と人口を喰うので、レベルアップはもう控えるとしよう。
幸いにして野蛮人村が周囲に結構あるので、資源の入手は略奪に頼るとしようか。

農場と城壁を除いた他施設についても、必要な人口数と相談して適当なところでレベルアップを控える。
村の人口に限度があるので、その分を兵の雇用にあてるのだ。


初期の段階では周囲の野蛮人村は少なかったんだよな。
でもプレイヤー村がボコボコできて、で捨てられてされて野蛮人村になって、といった次第。
で、当初は小規模だった野蛮人村も、雨後のタケノコのようにニョキニョキと成長していき、
同じく増えてきたプレイヤー村も規模の大きな所が目立ち始めてきた。
このゲームは略奪ができるようになると村が飛躍的な発展を始めるのだ。

初期は辺境の方が都合が良いのだな。


posted by 塗りかべ at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部族戦争
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック