2009年03月14日

IntelのQuadCore Q9550sとCPUクーラー刀3で発熱を下げちゃえばいいじゃない、YOU下げちゃいなよ 其のT

■値動き
1月にIntelがCPUの価格大幅改定を行い、QuadCore Q9650がドえらい値下げされて3万チョットに。
手が届くよママン。
我が現行マシンのCPUはE6420。不足も不満は無い。無いのだが、この値下げは好機到来。何故ならばCOREが4つ移っているタスクマネージャーって素敵だと思わんかね。

ハタと冷静に考えてみる。
Quad Coreの上はCore i7だが、こちらはマザーボードからメモリまでごっそりと代えなくてはならない。
i7は処理能力は高いが、消費電力も発熱も高い代物だ。そこまでのスペックは望んでいない。
買い時としては、もうちょっと各パーツがこなれてからだな。2010年か。
一方、QuadCoreは価格改定を行ったばかりでしばらくは値段据え置きだろう。
奇貨おくべし。
まあ、この場合は安くなったから買うわけで、奇貨とは正反対なわけだが。

てなもんでイソイソと買い付けようかと思うたのだが、なにやら省エネタイプのQ9550sなんてのが発売されるなんてアナウンスに巡り合った。なにこれ。

4Gamerのレビューを読むと、Q9550sは結構省エネ化されており発熱量がえらい下がっているそうな。
http://www.4gamer.net/games/030/G003078/20090213047/


省エネ自体は20W程度なので電気代の節約としては微々たるものだが、真夏の室温的にもPCケース内の環境ひいてはパーツ寿命的にも温度の低下は大きい。
省エネ化と言っても実は選別品なだけなのだが、それでここまで変わるのかね。

ただ、値段の壁も大きい。
Q9550sはノーマルQ9550よりも1万円、Q9650よりも5千円高い。
Q9550の選別品がQ9550sだそうな。でこの価格差はなんてボルタック商店。

この値段が引っ掛かり、世間の評価はイマイチな様子。
巷ではQ9650でよくね、というもっともな意見が罷り通っており、WEB上でもこの石を買ったよってな意見は余り見かけない。
でも低発熱って大好き。まあいいや、買ってしまおう。買いたい時が買い時だ。
札束で引っ叩くのが私の戦い方なのだから。

■ついで
で、CPUを交換するにあたりCPUクーラーを如何致しましょうやって話になるのさ。

現行は12cmファン搭載のANDY SAMURAI MASTER。
冷却性・静音性ともに抜群なのだが、如何せん図体がでかくて取り付け難い。
Q9550sに使用するにはオーバースペックもいいところだ。なのでこれを機にクーラーも交換することにした。
つーか、刀3の斜に構えた雄姿を見たら使いたくなってしまった。
CPUクーラー SCYTHE 刀3 9cm角FAN 傾斜フィン構造採用 LGA1366/775&AMDマルチ対応
つまり、CPUもクーラーも交換の必要性はないのだがムラムラしてやってしまったわけだな。これがまた。業が深い。


■出陣
カカクコムで事前調査する。で、q9550s最安値の秋葉原のドスパラに行ったが売り切れていた。ガッデム。呪われてしまえ。

品切れなのは入荷数が少ないためか、買い手が多いからなのかどちらでしょうか?
扱っている店舗はそれなりに多いので辺鄙な訳ではないはず。しかし人気があるにしてはWEB上での情報はあまり見かけない。解せぬ。
拭い切れぬ違和感を撫で撫でしながら店を出る。
刀3は置いてあったのだが、最安値に乗せられてノコノコ来店も品切れで買えず、あげく別のものを購入するなど我慢ならぬ。そんな客寄せは許せぬ。

断固、向かいのクレバリーでq9550sを買ってやった買ってやった。
金36700円也。

刀3はT-ZONEでドイツ製92mm静音ファンと合わせて購入。

店で一番静かな92mmファンだそうな。
過去にドイツ製ファンには痛い目に遭っているのだが(静音お謳っている割にうるさかった)、コイツは店頭で実際に展示されて回っていたので安心。
店で一番静かなファンだそうな。


で、帰陣。早速換装した訳だが、しばらく様子を見るので詳細は後日。


posted by 塗りかべ at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115640765
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。