2008年11月03日

ドラクエ3の債務者プレイ 035 〜ワシはただの武器屋の隠居じゃよ。〜

ラダトーム王に拝謁する。が、投げやりな雰囲気を醸す陛下からはまるでやる気というものが感じられない。
まあ、ゾーマのおかげで日の昇らぬ闇の世界と化しているのだ。気が滅入るのも無理は無い。
でもUに出てくる子孫もそんな傾向だったなあ。血か。
とはいえど、こちらの格好・装備にも問題がある事は重々承知。
手厚い歓待は望むべくも無い。

しかし、ラダトーム王座の間には様々な身分の人がうじゃうじゃいる。
あまり硬い人ではないようだ。というか、やっぱり投げやりなのか。


城のそこかしこでオルテガの噂を聞く事が出来た。
なんでもこの世界に落ちた際に記憶喪失になったらしい。現在は消息不明。
あと、ルビスがゾーマにやられた、なんて話も聞けた。
…そもそもルビスって何者なんだろうか。その説明は無い。

などなど情報収集に勤しむが、断片的な噂話に終始してしまい曖昧模糊。開発者の思惑が見えない。
ドラクエTを思い出して、思う様にアレフガルドを探索してみろということか。
所詮は始まりの町。ぼちぼちラダトームに見切りをつけてこの新世界を巡るとしよう。

フィールドに繰り出す。
上の世界にいた頃からそこはかとなく感じていたのだが、トヘロスが効いていないようだ。
ここラダトームでは、スライムが問答無用で襲い掛かってくる。無体な。
ぬいぐるみを着ているせいかもし知れない。そんな副効果あったっけ、このアイテム。爺に着せたのが反感を買ったのかも。
なんて考えつつラダトーム北部を散策していると、洞窟を見つけたので馬鹿の一つ覚えに突入してみる。

ここは洞窟ではない。迷宮だ。造りがまさに迷路なのだ。
なんじゃこりゃと思いながらも、そういえばドラクエTの洞窟は確かにこんなだったと思い直す。
松明の効果が切れたりして泣きそうになったりした覚えも蘇るが、幸いドラクエVでは常時レミーラがかかっているのが救いか。
それでも不慣れな造りに加え、何故か呪文が使えないという謎設定のために死にかけたが、なんとか勇者の盾を発見。
パーチャク。
青銅の盾→勇者の盾
鉄器を飛び級しての長足な進歩を遂げた。

洞窟最深部には大きな裂け目が。
穴があったら入りたいのは本能。
ゾーマがここから沸いたとラダトームにて、で聞いていたので落ちてみる。
と、すぐに吐き出された。ペッて感じ。なんとなく屈辱。

これは、更に新世界があるということか。何面まであるのだろうか。



LV34 返済額 121000G

勇者(男)
E 稲妻の剣
E 刃の鎧
E 勇者の盾↑
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家(女)
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り
E ガーターベルト

僧侶(女)
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト
E 金の冠

魔術師(男)
E 毒針
E ぬいぐるみ
E 星降る腕輪
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109030904
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。