2008年07月02日

ドラクエ3の債務者プレイ 028 〜風呂〜

しばらく変化の杖で遊んだ後、氷の国の謎なおっちゃんの所に赴いて
変化の杖と船乗りの骨を交換してもらった。

買い物禁止プレイなので、変身してエルフ村でお買い物も出来ない我々にとって
変化の杖は少しも惜しくないアイテムだった。
これが桃太郎伝説ならば、さくまさんがもっと知恵を凝らしてくれようものなのだが。
女風呂とか女風呂とか、あと女風呂とか。

船乗りの骨は幽霊船の位置を指し示し教えてくれるアイテムだ。
よくよく考えたらめちゃくちゃ呪われているアイテムだ。
なるべくならば使いたくない。

で、そんな不気味なアイテムを不用心にも信用して海原を駆け巡る。
幽霊船が漂流している大雑把な海域は掴めるのだが、幽霊船がフラフラと彷徨っているので
発見は意外と困難であった。
ようやく見つけた幽霊船に横付けして乗り込む。
甲板ではやたらと陽気で強気で上機嫌な骸骨船長が舵を握っていた。
この幽霊船がフラフラしているのはコイツの舵取りのせいか。

しかし、カザーブ村の骸骨武闘家といいイシス城地下の大らかな骸骨といい、
このゲームに出てくる髑髏幽霊は是非とも生前に会ってみたかった面白そうな人ばかりだな。

船内を漁るとガーターベルトを発見。船長の趣味か?
更に、甲板に伏している青色吐息な男性を発見。エリックというらしい。
グラフィックは村人Aなので息があるように見えるが、どうやら幽霊だとの事。まぎらわしい。
でもってエリックはオリビアとやらに会いたがっている。
なんでも無実の罪でこの奴隷船に放り込まれたそうな。
まあ、捕まった奴はみんなそう言うんだよ。

で、置いてあった宝箱を開けると何やら生暖かい物を手に入れた。
エリックの「愛の思い出」だ。
確かに大事なものには違いないのだが、宝箱はどうだろう、宝箱は。


押っ取り刀で駆けつけた先はオリビア岬にて候。
この岬というか海峡を船で通ろうとすると、恋人を失った悲しみの余りに
この岬から身投げをしたオリビアが化けて出てきて通せんぼする呪われた海峡。

恋人が奴隷船に乗せられていたから、通る船を片っ端から引っ張って探索しているらしい。
悲恋なようでいてもはや結構な怪談だ。ただの悪霊と言い切れる。

そんな悪霊に船を引っ張られたタイミングでおもむろにエリックの「愛の思い出」を使うと、
二人の霊魂は再会を果たし昇天しましたとさ。
しかし二人の背景がゲーム中ではあんまり描かれていないせいで一片たりとも感動できず。
悪霊退散。


海峡の先には監獄島が浮かんでいた。
中は荒れ果て、生きる者は無い。
牢内にはサマンオサの勇者サイモンが変わり果てた姿で横たわっており、
その傍らにはガイアの剣が転がっていた。徴収。

サマンオサにいたサイモンの息子が父親を探していたので、
親切にも知らせに行ってやる。が、話しかけても
「父親を探しています」と言うのみ。
これは既に父親が亡き者となっていたという真相が伝え辛いので
勇者がダンマリしているのか。
まあいいや、知らせてやったところで鐚一借金減らないし。
でも一言ぐらいあってもいいんじゃないかな。忘れていたのかな、堀井さん。


LV24 返済額 70000G

勇者(男)
E 刃のブーメラン
E 大地の鎧
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家(女)
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り
E ガーターベルト↑

僧侶(女)
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト
E 金の冠

魔術師(男)
E 毒針
E ぬいぐるみ
E 星降る腕輪
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック