2008年06月15日

ドラクエ3の債務者プレイ 025 〜ヘソのゴマ〜

ランシール赴く。

ランシール大陸の中央、岩山の中には洞窟が…
あれが地球のヘソか。
エアーズロック?
オートラリアはアリアハンではなくてランシールなのかしら。

"ちょっとだけ隠し神殿"の神父にナシつけると、誰か一人で
地球のヘソに行ってこいと言われる。
一人旅に必要な条件は回復呪文とリレミトとそこそこの戦闘能力。
今やすっかり逞しくなった勇者が赴く事に。

昔プレイした時にはは気付かなかったのだが、
勇者の成長度合いは大器晩成のようだ。
旅の前半においては成長度合いが低く、万事危なげな弟的存在なのだが、
中盤からはメキメキとステータスを上げてくる。
ふと刮目してみると頼れる兄貴になっている。

そんな勇者の成長タイプ自体は至極ありきたりなアイデアなのだが、
アイデアをシステムとして組み込み実現させているバランス感覚というか、
総じてゲームとしてのさじ加減が絶妙なのだ、ドラクエVは。
今回の金使わないプレイも、ヒーヒー言いながらも難易度自体はさして上がってはいないし。
家庭用機器RPGのパイオニア且つ名作たる根幹だ。


で、そんな見違えた兄貴は一人旅もなんのその、あっさりと地球のヘソをクリアした。
その身には、ヘソ内にて入手した鎧を纏っていた。
念願の鎧だ。ようやく、ようやく勇者らしいルックスになれた。
旅人の服よ、さようなら。そしてありがとう。
売値52Gなのがまたなんとも。

ついでに手に入れたブルーオーブは、正直どうでも良かった。ゴマだ。


このオーブって奴は、ドラクエ3をクリアするには必須のアイテムの癖に
なんとも有り難味が無い。なんかよく分からん集めないといけない癖に
集めたらどんな素晴らしい未来が訪れるのかが知れん。
世界中に散っていて何処にあるのかが杳として知れん。
なのに、行く先々でなんとなく手に入ってしまう。
ドラマの無い、取って付けた様な必須アイテムだ。

そんな、初期コンピューターゲームから見受けられる説明不足なイベント鍵は、
無いなら無いで寂しいものだ。
ドラクエ3の場合はわざとなのかしら。


LV22 返済額 42000G

勇者
E 草薙の剣
E 大地の鎧↑
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト

魔術師
E 毒針
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100603635
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。