2011年07月03日

野球スパイク アンダーアーマー イグナイトライト MID TPU

アディダスのスパイクに不満は無いのだが、店頭でこのアンダーアーマーのスパイクを手に取ってみたところ、その軽さに魅了されてしまったので悩んだ挙句、購入に踏み切った。

アンダーアーマー金歯は数種類あるのだが、
金歯禁止球場や大会があるので、樹脂歯にする。

樹脂ソール + 樹脂歯はこれ一種類。
歯の配置が他メーカー製品と異なり、足裏淵と母子球についている。鮫の歯みたいだ。
アンダーアーマースパイク UA イグナイトライト MID TPU



↑と同じ樹脂ソールモデルの金歯版がこれ。金歯は他にも種類がある。
アンダーアーマースパイク UA イグナイトライト MID TPU




この歯の配置については期待半分、不安半分だったのだが、
使ってみると意外な事に全く違和感が無かった。
土の噛み具合は過不足ない。足裏の特定部分に負荷が集中して痛むような事も無い。
こりゃ、そもそも歯は足裏付けるよりも足裏淵に付けるべきものなのではないか。結構革命的。

そして、とにかく軽い。
ほどほどに柔らかくて動きやすい。しかしながら脆くはない。
アンダーアーマーはトレーニングシューズも軽い。そういう開発コンセプトのようだ。
そしてムレない。


耐久性については、年間通して使用していないので断言できないが、練習と試合で使用した限りでは粗雑だったりヤワな箇所は見当たらず問題なさそうだった。
インソールもしっかりしたものが付いているので別途購入する必要はない。

文句なし。
強いてを言うならば、アンダーアーマーのロゴがしつこいぐらいスパイクの横面、脛、踵部分に張られている事ぐらいか。
まあ、履いてしまえば気にならない事だが。

後は品薄で手に入りにくく、店頭で試し履きできなかった事。
結局、返品可能な通販店で手に入れた。
その通販も、すぐに品切れになる始末。樹脂歯はamazonでも品切れだ。

外国メーカーではあるが、サイズや型は特におかしな所もなく、アンダーアーマーのトレーニングシューズや国内メーカーのスパイクと同じサイズでピッタリだった。
タグ:野球


posted by 塗りかべ at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2011年07月09日

低反発ジェルパッド「エコでクール メタリック」と和風すのこベット「まるめ〜る」のレビュー

熱帯夜対策グッズのレビュー。

朝、シーツ・マットの熱のこもり具合で目が覚めてしまう事が非常に腹立たしく、
文明の利器に頼ることにした。

が、天候によって湿度温度が変わるので、エアコンは温度やタイマーの調節が難しい。
扇風機を使い部屋の中を風が巡るようにエアフローを作ってみたが、
だいぶマシにはなるもの、やはりマットが熱くなるのは避けられなかった。

もうちょっと手軽かつ原始的な文明の利器なんて素敵物件は無いものかと探したところ、
探してみるもので見つかったのが「エコでクール メタリック」。


枕用とシーツ用。
中途半端に小さいのを買って後悔するのがいやだったので、
サイズが色々とある中、シングルサイズを購入。

これは要するに薄いマットだ。
ジェルパッドで、触るとヒンヤリしている。
そして非常に重たい。シングルサイズだと9kgある。

これをシーツとマットの間に入れて寝てみると、これが結構冷える。
犬もジェルパッドを気に入ったようだ。
ペットの夏バテ暑さ対策にも手ごろで良さそうだ。

が、やや固い。元々固めの枕・マットが好みだったので直ぐに慣れたが、
人によっては眠れないかもしれない。
特に枕は肩が凝ってしまう。

冷え具合だが、放熱が追い付かないようで明け方になると無いよりはマシな程度にまで温度が上がっている。
加えて、部屋が暑いとジェルパッドも温くなるので、扇風機なりエアコンなりで冷やさないといけない。


残念ながら、このジェルパッドだけでは不足だ。


なので続いて購入したのが、ロール式すのこ「まるめ〜る」


マットの下に敷く簀子である。造りは、簀子というより巻きすだ。
こいつで通気性を確保して熱が籠るのを防ごうという魂胆。

類似品には木くずを巻き散らす粗悪品質のなものがあるようだが、これは丁寧な造りで問題無かった。
正直、自分でも似たような物を作れるのではないかと思っていたのだが、
空気溝が彫られていたり、箇所によって木枕の構造が違っていたりと手が込んでいる。高いだけの事はあった。

このすのこをジェルパッドとマットの下に敷いて寝てみると、
予想以上に効果があり、朝までジェルパッドの冷却性を結構確保していた。快適。

という訳で、セットでの利用をお奨め。
ただし、ジェルパッドの枕は、涼しいものの前述の通り固いので人を選ぶと思う。
タグ:レビュー


posted by 塗りかべ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | なんか
2011年07月28日

実況パワフルプロ野球2011(PS3) ペナント

PS3のパワプロ2011を買いました。
お目当てはペナントレース。

パワプロ2010はペナントの評判が悪かったので見送った。
なので下記の雑感はPS2のパワプロと比較しての話。

・スキップモード
PS2Verのペナントは高速試合とスキップだと四球の割合や投高打低具合・試合運びが異なっていたような気がしてならなかったが、今回はそのような事もなく試合が進む。

・新人スカウティング
新人発掘は発掘対象ポジションを指定することもなく、シーズンオフ時にスカウトと契約を結ぶと勝手に探してくれる。プレイヤーはドラフト会議まで一切関知しないで済むので煩わしさが無くなった。

・選手育成と成長
『四球解消』『一発解消』などの致命的なマイナス特性を解消できるコーチが頻出するので、ポンコツが確変できるようになった。
反面、ある日突然にマイナス特性が付く可能性が上がった。
内部的には経験値ステータスを保持しているのだが、見えないので突然付与される。
また、コーチによる『固め打ち』等のプラス特性の付与だが、選手が身につけるのに時間がかかるようになったようだ。
PS2Verだと上手くすれば1シーズンに2つ付与できたのだが、今回は1つ付くか付かないか、というペースだ。

また、今回のパワプロは選手能力の劣化が激しい。
二日に一度は成長報告が表示されるのだが、成長とは名ばかりで七割方は劣化報告だ。30歳を過ぎると日々どこかしら劣化しまくる。

巨人でプレーしたのだが、長野なんぞは26歳なのにちょくちょく劣化していた。なんで?
でも小笠原・ラミレス・阿部は劣化しまくりながらも3割40本トリオと化した。
プラス特性効果がかなり強い仕様だ。

投手はマイナス特性があるとまず活躍できない。
内海は防御率5点投手だったが、コーチに一発を消してもらった後は3点台にまで下がっか。
一方、東野と澤村はローテーションを最初から最後まで守り、二人とも13勝した。

変化球は左右と下方向の3方向持っていると強いのも、横方向だけの投手が打たれるのも従来のパワプロ通り。
カーブがウマー、なので巨人の朝井が鬼のように勝ちまくる。
覚えさせるならカーブだろう、常識的に考えて。

・グッズ
選手グッズを作成することができるのだが、グッズ作成後にその選手が活躍すると臨時収入を得られる。が、その活躍の尺度がよくわからない。
サヨナラ本塁打打っているのに「活躍できず…」とか言われてしまう始末。
「○○○○が活躍しました。グッズを作っては〜」と表示された直後に同選手について、
「○○○○は活躍できませんでした。調子が下がりました。ファンが減りました」
と表示される事も多々あった。
なかなか活躍したことにされず、損してばかりなので手を出すのを止めてしまった。

・ペナント報告
毎試合後「完封メダル取得」「代打本塁打取得」等の報告がウザイ。
頻発するので有難みもクソもないし、メリットもない。
オフにするには「その他」報告をオフにしなければならず、他報告もオフになってしまう。
メダル報告だけオフにしたいのだが…

どうもパワプロというのは新しい機能が垢抜けないというか、不具合レベルに拙い。
思いつきで検証もせずに取ってつけちゃうなよ。

・年俸交渉
選手の年俸要求は全体的に控えめ。活躍していない選手が上げろと言ってくる事は無かった。
日本一チームの3割40本トリオである小笠原・ラミレス・阿部は、むしろ減俸を申し出てきた。
これは彼らの年齢と能力値の衰えから来ている事に加え、元々高額であるためかもしれないが。

もっとも、活躍した選手は遠慮なく要求してくる。
シーズンセーブ数の日本記録を更新した久保は6500万→18000万を要求。これはまあ良い。
12勝6敗3.45の新人王澤村は1500万→9000万を要求。
松坂でさえ1300万→7000万だったのに…
澤村のチーム愛は70あるのに…
7000万で契約したらチーム愛が62に下がった…

・総合
総じてシステム面での改良が見受けられて、スムーズにペナントレースを進めることが出来た。
不満はあるが悲喜こもごもながらも非常に楽しめている。夏休みのお供におすすめ。




が、インターフェース面では痒いところにイマイチ手が届かない仕様。
順位等の頻繁に見たいデータをワンタッチで見ることができない。
打者成績に長打率項目が無い。Yahooやスポーツ新聞の成績一覧表示項目ぐらい備えて欲しいものだ。ついでにOPSも欲しい。
加えて、選手の情報が断片化されているので年俸更改時に見辛い。
ドラフトの候補選手の情報も非常に見辛い。
コントローラーにボタンがたくさんあるのに、使い切れていないなあ…

加えてゲームの起動が遅い。
・トロフィーのセットアップ(いらないのに)
・不正コピーへの警告(毎回表示される)
・ロゴが3画面(出すなら1画面に纏めよう)
・OPムービー(一回見れば充分)
・ゲームのタイトル画面(STARTボタン押すだけ)
とメニュー画面までの道のりが果てしないのが正直シンドイ。
特にムービーは読み込み負荷が高いだろうからゴミ。

バグについてだが、トレードしたら選手が行方不明になった事が一度あった。
こちらの選手は相手チームに移ったのに、代わりの選手はこちらに移らず消えた。
全チームの捕手数を数えたら、一人減っていた。どこにもいないのだ。
魔のバミューダ…まあただのバグだが。
タグ:ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。