2010年07月26日

ブラウザゲーム『部族戦争』 〜とある村の興亡期〜01

トラビアンというブラウザゲームがある。
http://www.travian.jp/

都市育成ゲームの皮を被った侵略ゲームだ。
昨年、しばらくやっていた。

が、チマチマと都市の生産力と軍事力を育んでいたある日、
古参プレイヤーに目を付けられて終わった。
尻毛まで毟られたあげく、都市の施設をあらかた破壊され、挫けた。

そういうゲームだとは知ってはいたが、
あそこまで北斗の拳世界だったとは・・・
一応、ユーザーグループに入って互助するという解決方法も
あるにはあるが、
中にはヤクザじみたグループもありトラブルもそこそこあって怖い。

加えて、このゲームには兵糧等の軍隊運用コスト(単に常備兵を養うコストではなくて行軍のコスト)概念が無いのだ。
これだと弱小勢力に大軍を差し向けても採算が合う、
損が発生しないシステム。

この点が納得いかなかった。


なんだけど、
この度こりずに似たうなブラウザゲームに手を出してしまった。
その名も"部族戦争"。
http://jp1.tribalwars.jp/

検索しにくい名前だな。もそっと考えろや。
トライバル・ワーズという別名もあるらしい。
先にプレイしたトラビアンと似ている、
というよりも同じ所が作っている臭いがする。

この"部族戦争"にも軍隊運用コスト概念はないが、
代わりに士気の概念を取り入れている。
大軍が小勢を相手した時にはその分だけ士気が下がるのだ。
このシステムがどれだけ意味があるのか知らんが、まあやってみるとする。

ここにその興亡を印したり印さなかったりするかも。


posted by 塗りかべ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部族戦争
2010年07月28日

ブラウザゲーム『部族戦争』 〜とある村の興亡期〜02

村名は秘匿しておこう。

WEBで情報収集した結果、この部族戦争はやっぱり略奪ゲーらしい。
略奪がおいし過ぎるのだ。
が、トラビアンと違いこの世界には野蛮人村というNPC村が存在しており、
ここを攻める分には報復とか考えないで済む。

とりあえず資源の増産に手を付けてから軍備をちょこっと揃えて野蛮人村に攻め入る序盤戦略を立てるとしよう。


まず増産だ。
資源は木・粘土・鉄の三種類が存在し、それぞれに生産施設があるので、
それぞれレベルアップしなければならない。

が、鉄は余りがちになるらしく市場でもダブついているとか。
なので
木Lv10
土Lv10
鉄Lv6
まで上げる。
貯蔵庫もLv2まで上げとく。

初心者保護期間が5日あるので、秘密貯蔵庫・城壁は後回しにするとしよう。


posted by 塗りかべ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部族戦争
2010年07月31日

ブラウザゲーム『部族戦争』 〜とある村の興亡期〜03

いよいよ軍備増強に手を付ける時が来た。

来たんだけれど、兵を募るには兵舎が必要、
兵舎を建てるには本部をLv3にしなければならない。
あと、英雄というユニットがあるのだが、こいつを作るには銅像を建てなければならない。
その上、英雄作成には6時間もかかるので、こいつを先に作っておく。

銅像Lv1 → 英雄作成
本部Lv3
兵舎Lv1

ようやく槍兵が作れるようになかった。
槍兵は対騎兵防御力こそ優秀だが、攻撃力・対歩兵防御力が低い。
が、他の歩兵ユニットに比べて輸送力が高い。
輸送力が低いと、略奪できる資源が少なくなってしまう。

加えて槍兵は安価だ。なので槍兵をチマチマと増産する。
富国強兵の道は遠いが一歩より始まる。

平行して施設も増やしておく。
市場Lv1
貯蔵庫Lv3


このゲーム、初心者保護期間5日とは別の保護システムが存在する。
村には施設に応じてポイントが発生する。
プレイ開始から60日以内なら、ポイント差が20倍以上ある相手から攻められないのだ。
なのでバカバカと施設を作るのは賢くない。
施設建設は必要最低限に押しとどめ、余資源は軍備に回すのが序盤の処世術と見た。

・・・と言いつつ、貯蔵庫Lv3は略奪品を当て込んでの皮算用なのだが。
転ばぬ先の杖となるか・・・

略奪による収入が如何ほど見当がつかないので、悩ましい。


posted by 塗りかべ at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部族戦争
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。