2008年07月02日

ドラクエ3の債務者プレイ 028 〜風呂〜

しばらく変化の杖で遊んだ後、氷の国の謎なおっちゃんの所に赴いて
変化の杖と船乗りの骨を交換してもらった。

買い物禁止プレイなので、変身してエルフ村でお買い物も出来ない我々にとって
変化の杖は少しも惜しくないアイテムだった。
これが桃太郎伝説ならば、さくまさんがもっと知恵を凝らしてくれようものなのだが。
女風呂とか女風呂とか、あと女風呂とか。

船乗りの骨は幽霊船の位置を指し示し教えてくれるアイテムだ。
よくよく考えたらめちゃくちゃ呪われているアイテムだ。
なるべくならば使いたくない。

で、そんな不気味なアイテムを不用心にも信用して海原を駆け巡る。
幽霊船が漂流している大雑把な海域は掴めるのだが、幽霊船がフラフラと彷徨っているので
発見は意外と困難であった。
ようやく見つけた幽霊船に横付けして乗り込む。
甲板ではやたらと陽気で強気で上機嫌な骸骨船長が舵を握っていた。
この幽霊船がフラフラしているのはコイツの舵取りのせいか。

しかし、カザーブ村の骸骨武闘家といいイシス城地下の大らかな骸骨といい、
このゲームに出てくる髑髏幽霊は是非とも生前に会ってみたかった面白そうな人ばかりだな。

船内を漁るとガーターベルトを発見。船長の趣味か?
更に、甲板に伏している青色吐息な男性を発見。エリックというらしい。
グラフィックは村人Aなので息があるように見えるが、どうやら幽霊だとの事。まぎらわしい。
でもってエリックはオリビアとやらに会いたがっている。
なんでも無実の罪でこの奴隷船に放り込まれたそうな。
まあ、捕まった奴はみんなそう言うんだよ。

で、置いてあった宝箱を開けると何やら生暖かい物を手に入れた。
エリックの「愛の思い出」だ。
確かに大事なものには違いないのだが、宝箱はどうだろう、宝箱は。


押っ取り刀で駆けつけた先はオリビア岬にて候。
この岬というか海峡を船で通ろうとすると、恋人を失った悲しみの余りに
この岬から身投げをしたオリビアが化けて出てきて通せんぼする呪われた海峡。

恋人が奴隷船に乗せられていたから、通る船を片っ端から引っ張って探索しているらしい。
悲恋なようでいてもはや結構な怪談だ。ただの悪霊と言い切れる。

そんな悪霊に船を引っ張られたタイミングでおもむろにエリックの「愛の思い出」を使うと、
二人の霊魂は再会を果たし昇天しましたとさ。
しかし二人の背景がゲーム中ではあんまり描かれていないせいで一片たりとも感動できず。
悪霊退散。


海峡の先には監獄島が浮かんでいた。
中は荒れ果て、生きる者は無い。
牢内にはサマンオサの勇者サイモンが変わり果てた姿で横たわっており、
その傍らにはガイアの剣が転がっていた。徴収。

サマンオサにいたサイモンの息子が父親を探していたので、
親切にも知らせに行ってやる。が、話しかけても
「父親を探しています」と言うのみ。
これは既に父親が亡き者となっていたという真相が伝え辛いので
勇者がダンマリしているのか。
まあいいや、知らせてやったところで鐚一借金減らないし。
でも一言ぐらいあってもいいんじゃないかな。忘れていたのかな、堀井さん。


LV24 返済額 70000G

勇者(男)
E 刃のブーメラン
E 大地の鎧
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家(女)
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り
E ガーターベルト↑

僧侶(女)
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト
E 金の冠

魔術師(男)
E 毒針
E ぬいぐるみ
E 星降る腕輪
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年07月10日

ドラクエ3の債務者プレイ 029 〜デモクラシー〜

勇者のレベルアップ速度が速くなってきた。

これまでは4人の中で一番低かったというのに、何時の間にやらLV24一番乗り。
ステータス伸び率にも更なる拍車がかかり、回復・攻撃呪文も一通り覚え、
器用貧乏だったのが今ではすっかり万能選手になってきた。
以前は大分お馬鹿さんでMPも低かったのだが、賢さも人並みに達した。

この大器晩成な成長度合いは勇者の頼もしさを肌で感じさせる演出なのだろうか。
見事なバランスだ。
勇者の装備も充実してきた事もあり、パーティー内の力関係もすっかり変わった。
もはや、勇者は主戦力であり要でありリーダーなのだ。
勇者のレベルアップ毎にパーティー戦力が跳ね上がる快感と言ったらない。

きっと武闘家は可愛い不運な弟分の成長振りに負けん気を催しつつももニヤニヤしている事だろう。
切れ者僧侶は、正しく勇者であったかと納得してそう。当初は無能っぷりに疑い気味であったと思う。
頭脳明晰魔法使いは、単純に戦力の強化を歓迎していそうだ。戦術の幅も広がるし、魔法使いの負担も減るしで。

まあ、脳内での話だが。

ただし、相変わらず勇者の運は低いまま。別に債務者プレイだからといって
そうなるように狙っている訳でも無いのだがね。


しばらくぶりに北米の開拓村に足を運んでみると、かなりの発展拡大が見られた。
もはや町だ。
町の名前はえちごやバークとなっており、武器防具屋も劇場も完成していた。
刑務所まで設置されている。
で、商人えちごやは門番付きの大層なお屋敷に居を構えていた。
やっぱ流通を抑えた者が勝つのだね。

ただ、町の人々は急進的なえちごやに対して不満を抱えているらしい。
夜中に町の隅っこで反乱の企てる一味を発見。
翌朝にえちごやに話しかけても、何故か勇者はその事を伝えなかった。
民事不介入。


しばし時を置いてから開拓村を再訪してみると、晴れて革命は成功裏に終了、
商人は牢獄に繋がれておりましたとさ。
それでも町は相変わらず繁栄しているのが辛い現実だ。

最後の鍵を使い解放してやろうとしたら、拒否された。漢だ。
でもこの期に及んで「みんなもきっと分かってくれる」とか眠い事言ってるし。
頼りなげだな。
分からないから失敗したんだよ、お前は。
このえちごや、かの幽霊船骸骨船長並みにタフというかポジテイブだ。

とりあえず何故か彼が所有していたイエローオーブを貰った。
彼は彼の道を行くらしいので、ここで袂を分かつとしよう。
つまりこちらは勇者であり、彼は商人なのだ。


LV24 返済額 70000G

勇者(男)
E 刃のブーメラン
E 大地の鎧
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家(女)
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り
E ガーターベルト

僧侶(女)
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト
E 金の冠

魔術師(男)
E 毒針
E ぬいぐるみ
E 星降る腕輪
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年07月20日

ドラクエ3の債務者プレイ 030 〜ロンダルキア〜



ロンダルキア。
飽きるんだろ。

ぼちぼちバラモスに会いに行こうかと、やってきましたアフリカ大陸。

監獄島で手に入れたガイアの剣を惜しげもなく火口に投げ入れてやると、マグマ噴出。
大地の女神の剣なので地殻変動が起きるのか。流石だ。
で、そのマグマが大地と河川を汚し、不毛の大地にしてしまった。
いいのか、大地の女神。
川を渡るのにマグマを使うとは、スライム相手にイオナズンを使うような…
船とか作れよイカダ組むとか。

まあ、知ったこっちゃ無い。こちとら勇者だ。
地球が出来立ての頃は不毛だったのだし。
おかげでバラモス城に近づく事が出来るようになったわけだ。どっとはらい。
固まったマグマの上をいそいそと渡り、バラモス城へと続くネクロゴンドの洞窟へいざ。

無限ループ、落とし穴、行き止まり、でもって伝説クラス装備の入った宝箱と、
ネクロゴンドの洞窟は、かのロンダルキアへと続く洞窟をを彷彿とさせる。
が、難易度でいうとアチラの方が何倍もシビアだったなあ、
戦力的にも精神的にも。4人パーティーなので戦力3割3分増しなせいかしら。
なので宝を回収しつつ、さくさく地上を目指せた。

ようやく地上に抜けると、そこは雪景色でも無いし、直ぐ目の前にバラモス城があるし。
ロンダルキア台地に比べるとちゃちい。いまいち感動できない。

で、ロンダルキア同様、ここにも洞窟の出口付近には怪しげな祠が存在しており、
中には身元不明なおっさんが住んでいた。女っ気はない。
話しかけると、何故かシルバーオーブをくれた。ずいぶんと唐突だな。
とりあえずオーブも揃ったし、モスラでも復活させに行くとするか。


LV26 返済額 78000G

勇者(男)
E 刃のブーメラン
E 刃の鎧↑
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家(女)
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り
E ガーターベルト

僧侶(女)
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト
E 金の冠

魔術師(男)
E 毒針
E ぬいぐるみ
E 星降る腕輪
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年07月27日

ドラクエ3の債務者プレイ 031 〜竜の女王〜

オーブを捧げて怪鳥ラーミア復活!クケー!!
これで地上における人類の未踏地が無くなる訳だがや。

空にはモンスターがいないので、移動が素晴らしく快適になった。
ところでこの馬鹿でかい鳥には戦闘能力はないのだろうか。
地上の敵の届かないところからファイアブレスで攻撃、
魔王城を空襲なんて乙なものなのだが。

どうやらただの輸送機らしい。残念。不死鳥といってもこれじゃ気球と変わらん。
制空権は夢か。


そんな怪鳥を操り、岩山に囲まれた謎な城へと入ってみる。
門番の馬曰く「ここは天界に一番近い竜の女王様のお城です」との事。
しかしこりゃあ城というよりは宮殿か神殿だな。ステンドグラスまで張り巡らされているし。
何故か界王様を思い浮かべた私は負け組。

中におわすはグラフィック的になんとも強大な竜の女王。
話してみると、モンスターどもとは敵対勢力っぽい。こいつは戦ってくれないのだろうか。
とかなんとか考えていたら、拝謁早々に竜の女王は産気づいて
卵を産み落とし、力尽きて死亡。陰部に火傷を負ったのか。
なにこの急展開。感情移入する間も無く死なれても感慨が湧かずに困り果ててしまうのだが、
ともあれ、魔王撲滅の志は引き継ぐ事にして、形見である光の玉を恭しく受け取っておく。
換金は出来なかった。


何故に竜の女王は戦わんのか。対大魔王決壊兵器である光の玉を勇者に託したのだから、
魔王と敵対はしているはずだ。
・自身の力が強大すぎるのでこの世を破壊してしまう。
・勇者ではないから
・だって女の子だもの
・学校にいた、身体がデカイというアドバンテージをスポーツに生かせないウドの大木。あれ。


LV26 返済額 78000G

勇者(男)
E 刃のブーメラン
E 刃の鎧
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家(女)
E 黄金の爪
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り
E ガーターベルト

僧侶(女)
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト
E 金の冠

魔術師(男)
E 毒針
E ぬいぐるみ
E 星降る腕輪
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV