2008年04月04日

ドラクエ3の債務者プレイ 021 〜八雲立つ〜

ぼちぼち強くなってきたので、ここらでジパングのオロチに再挑戦する事にした。
臥薪嘗胆。

マグマの中での決戦。
スクルトとバイキルトでドーピングしてひたすら叩く叩く。
あやうくMPが尽きそうだったがどうにか倒してやったさ。
と、オロチがなにやら赤い旅の扉のようなものを作り出し、
草薙の剣を落としつつ逃げ去っていった。

時空を歪めるとは、実はとんでもない化け物だったんだな。
よく勝てたものだ。

赤い旅の扉に飛び込むと、ヒミコの宮殿に通じていた。
そこには酷く傷ついたヒミコが…
「だまって おとなしくしているかぎり そなたを 殺しはせぬ。
 それで よいな?」

こちらのMPは底を突く寸前であったが、
ここで一時撤退して宿屋に泊まっては盛り下がる。
こちらも満身創痍。「はい」と答えたいところであったが、
雰囲気重視の拘りプレイ。
前回負けているので一勝一敗の五分五分。これが三本勝負の三本目。
全滅覚悟で再戦する。

どうやらオロチはこちら以上に満身創痍であったらしく弱かった。
で、パープルオブを手に入れた。二つ目のオーブだ。
クシナダヒメは手に入らなかった。念が残る。
しっかし本物のヒミコは食われていたというカチカチ山なオチがなんとも切ない。


草薙の剣を勇者に装着。攻撃面は結構充実してきたのだが、
相変わらず鎧と名の付くものが手に入らない。
金を思う様に浪費してプレイしていた時は気付かなかったが、
鎧とは、店先以外ではこれほどまでに手に入らないものだったのか。

サマルトリア王子ですら皮の鎧が初期装備だったというのに、未だ旅人の服とは。
悲哀。


LV21 返済額 39000G

勇者
E 草薙の剣↑
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング↑

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト

魔術師
E 雷の杖
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年04月10日

ドラクエ3の債務者プレイ 022 〜村おこし〜

再び北米の開拓村に訪れてみると、商人が道具屋が開いていた。
陳列されているのは薬草と皮の帽子のみ。
なんだその単価もやる気も低い品揃えは。特産品を扱えよ、煙草とか。

しかし、貧相ながらも楽しそうだ。
こういう借金の返し方も有ったのかもしれないな。

ドラクエ世界で商売するゲームって面白そう、
なんて思ったが、それがトルネコだった。
トルネコはこれを昇華したものなのだろうか。
いや、あれをもっと本格的にして仕入れして町を潤して誘致して云々と…
コンビニ経営ゲームでした。ありがとうございました。
フリーゲームでありそうだ。探してみるとするか。


ところで船の動力って何なのだろうか。
うまい説明が思いつかない、20数年来の疑問だ。
よもや漕船では無いだろう。
幽霊船は奴隷を使った漕船だったが、これには食料・水が必要なので維持費がかかる。
よもや勇者様が奴隷船では沽券に関わるし、漕手の給金も必要となる。
とてもではないが維持出来ない。

帆船か。それでもある程度の員数は必要だな。
ヨットのような小型船か。しかしそれでは遠洋航海は出来ない。
時化にやられてひっくり返ってしまう。
あと動力といったら・・・根性?


LV21 返済額 39000G

勇者
E 草薙の剣
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト

魔術師
E 雷の杖
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年04月20日

ドラクエ3の債務者プレイ 023 〜好っきなものダイアモンド 〜

世界漫遊の最中、南米の先っちょにて海賊のアジトを発見。
進入を試みるとしよう。

海賊のアジアの手前には、
「この先の家は海賊達の住処。近づかないほうが良いですよ。」
と親切な忠告をしてくれる人がいた。誰?公安?

アジトの中は、海賊の戦利品を買い叩いている商人が居たり
身代金目当ての身分の高そうな人質っぽい人が居たりと芸が細かい。

アジトの脇にて発見した隠し階段から地下に潜ると、そこには宝箱が。
海賊だから家捜し解禁という事で開いてみると
中からレッドオーブが出てきた。これで二つ目のオーブだ。
瓢箪から駒すぎて、あんまし嬉しくない。

海賊達は何故かフレンドリーなのだが、
「俺達は悪い奴らからしか盗まない。正義の味方だ」などとほざきやがる。
その被害額は物価に転嫁され、回りまわって悪く無い奴らにも皺寄せが行くのだろうが。
そんな海賊達を潰すという選択肢は出ないらしいので、とっとと立ち去るとするか。

ところで海賊のアジトの癖にやたらとほんわかムードなBGMだった。
すぎやまこういちは何を血迷ったのやら。


世界をブラブラしてから再び開拓村に訪れてみると、村は更なる発展を遂げていた。
道具屋の品揃えは倍に増え、更にリーズナブルな宿屋(1人2G)も開業されていた。
そして現在は劇場を建設中だという。
・・・順当にいけば次は武器防具屋とか民家とかでは無いだろうか。
一足飛びに劇場とは、町おこしか?需要は?
箱物行政はどうかと思うが。維持するだけの歳入が無いだろ。
ともあれ、商人はやる気に満ち満ちていた。頼もしい。
という事にしておこうか。

ところで原住民の話によると、
スーの村の乾きの壷を強奪したのはエジンバラの兵士らしい。
という事は、エジンバラはこの地に殖民しているのだろう。
でもって、この新興町はそいつら相手の商売の拠点という事かしら。
妙な事に巻き込まれたり、現地の人間と諍いを起こさなければ良いが。


LV21 返済額 41000G

勇者
E 草薙の剣
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト

魔術師
E 毒針→
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年04月26日

ドラクエ3の債務者プレイ 024
〜下界に入り、又是より出で来るの章〜

そういえばピラミッドの地下に眠る黄金の爪を忘れていた。
呪文の使用できないピラミッド地下最深部に安置されている上に、
黄金の爪を手に入れた途端にミイラが襲い掛かってくる始末。
以前に挑戦した折には、薬草も購入できない身の上というのもあって
手に負えなかった。
が、結構レベルも上がったし、鎧以外の装備も充実してきた。
王家の呪いによる魔海戦術にも太刀打ち出来る頃合かと思う。
挑戦す。

臥薪嘗胆のつもりだったのだが、あまり苦くなかった。
並み居るミイラを叩き伏せ、見事盗掘を果たした。
"黄金の爪"という響きは素敵だ。
グラフィックの無いただの文字情報でしかないはずなのに、
まざまざと黄金の艶やきが目に浮かぶ不思議。
そりゃミイラとりもミイラになるさ。
て事は、襲い来るミイラやらのアンデッドの中には我々と同様に
元々は盗掘に訪れた不逞な輩の成れの果てがいたのかも知れない。合掌。

ところで黄金の爪は何故強力なのか。
黄金なんぞ軟くて武器には使えねえ。
黄金製だが魔力というか呪いが掛かっているので強力なのか、
それとも黄金色しているだけで金ではない何かで出来ているのか。
前者を希望する。
でもっと武闘家は呪いの影響を受けてやや凶暴化というか、
若干血に飢えがちになったりする顛末。

ともあれ、黄金の爪は強力過ぎるので借金返済には充てない。
これにて、素手で頑張っていた武闘家にようやく武器を持たせる事が出来た。
というか、武闘家はクリアするまでこの黄金の爪なのだろうなあ。
最初で最後だ。

金使用禁止プレイはつくづく着せ替え人形的な楽しみが無いのだが、
それだけに装備入手の喜びも一潮。

LV21 返済額 41000G

勇者
E 草薙の剣
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜
E ヘビメタリング

武闘家
E 黄金の爪↑
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト

魔術師
E 毒針
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。