2008年03月03日

小説 黒い家(貴志 祐介)

怖い本スレで評判が良かったので粗筋も見ずに衝動買いしてみたわけなのね。

題名からして『悪霊に憑かれた家が舞台』系話とばかり思っていたのだが、
『お化けよりも生きている人間の方がよっぽと怖い』系のお話でした。
なので、読後感はよろしくない。生きていくのが息苦しくなる。
余裕で値段分は楽しめる本なので、
ハラハラドキドキ且つ胸糞悪くなる怖い話を読みたい人にお勧めだ。

黒い家


以下内容について。ネタバレあり。

続きを読む
タグ:


posted by 塗りかべ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2008年03月09日

ドラクエ3の債務者プレイ 017 〜黄金の国〜

インドから東方を目指し船出した。
でっかいイカに思いの他苦戦を強いられつつもどんぶらこっこと支那海を流れ流れ、
とうとう東の果ての島国ジパングに漂着。ちっちゃ。

近畿の辺りに町というか祠があった。
入ると、そこは黄金どころか木製の家ばかりで金っ気が無い。謀られたか。
住民の毛髪は丁髷ではなくて美豆良に結われていた。
日本だけ中世ではなくて古代なんだな。てことは大和近畿説を採用しているらしい。

町の中には一人、遠路遥々と布教に訪れた神父がいた。ザビエルか。
一方、うちの僧侶は布教には興味が無い様子。小乗なんだな。

島の原住民によると、この島では若い娘をオロチへの生贄を捧げているらしい。
地下倉庫には生贄に指定された娘が隠れていたし、なかなか難儀な状況なご様子。
なんとも勇者に持って来いな状況だ。

が、特に娘と摩り替わりオロチに酒を飲まして退治するというイベントも無いようだ。
そういえばドラクエWのアリーナ姫章にてそんなイベントがあったような。
まあそれは似て非なる異世界のお話だ。

卑弥呼に会うが、追い払われてしまった。ここの女王は冒険の書を取り扱っていないらしい。


町の横には如何にもな洞窟がポッカリと口を開けてまっていたので入ってみた。
中に入り灼熱マグマの奥底に辿り着くと、そこには祭壇の間が設けられていた。
アチラコチラに人骨が転がっている御食後の風景。よくぞ食べ散らかしたものだ。
更にオロチの雄叫びも響いていて雰囲気は満点。
別部屋を覗いてみると、なんとそこには首が沢山あるオロチの姿が・・・。
奮って挑んでみたが、返り討ちにあった。
ファイフブレスと二回攻撃が強力すぎて、防備の薄い我軍ではとても歯が立たない。

アイテム購入禁止は装備が乏しくなる。
雑魚相手ならば呪文を駆使してどうにかなるが、
ボスともなると火力が違いすぎる。脆弱性が顕著に現れてしまう。
黄金も無かったし、ここは捲土重来するとしよう。


ところで、この溶岩洞窟にて般若の面を手に入れた。
貴重且つ強力防具なのだが、呪われており装備すると"混乱"してしまうので使えん。
頭を捻るが、勇者一人プレイでも無い限り利用価値が見出せない。口惜しや。
借金返済の足しにはなるが・・・


LV16 返済額 27000G

勇者
E 棘の鞭
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E 銀のロザリオ

魔術師
E 聖なるナイフ
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年03月14日

ドラクエ3の債務者プレイ 018 〜大航海時代〜

どうもドラクエというのは船や気球を手に入れるまでが一番楽しい。
輸送手段を手に入れると、世界の地図が瞬く間に詳らかになってしまう。
もっとじっくりじわじわと解明していきたいのに。
船に補給の概念があって、あまり遠出が出来なければいいのに、と思う。


さておき、何処に行こうかしら。
尻尾を巻いてジパングから逃げ出した我々は、
とりあえず船を手に入れた地であるポルトガに舞い戻り再出発するとした。

しっかし、二回攻撃してくる巨大なイカやら麻痺攻撃してくるやつらやら、
海の魔物が強力過ぎてひどく面食らう。
この辺りのゲームバランス調整は難しかったろうな。

まずは、ポルトガの南対岸に灯台を見つけたので登ると、頂上にいた怪しい男が
オーブの話をしてくれた。6つ集めると船が要らなくなるらしい、だとさ
世界を巡り、そのオーブとやらを集めるとするか。
手掛かりはないらしい。気が遠くなる。

そこから西北に進路をとり、エジンベアに赴いた。
が、門番が「田舎者は入れん」とさ。
そもそもお前ら大陸からの移民の子孫だろうに。ブリテンジョークは理解できん。

更に北上して地球をでんぐり返って南のランシールに漂着。
タイムリーに消えさり草が売られていたので購入。
買い物禁止プレイだが、これは購入可としよう。初めてのお買い物でした。

再度エジンバラに赴き姿を消して進入。城の地下にて乾きの壷を手に入れ、
そのまま最後の鍵も手に入れた。
電光石火の進捗。船を手に入れるとどうしても展開が早まってしまう。

更に南のアイスランドにて巨大な神殿の中に眠る巨大な卵を見つけた。
オムレツ何人分とかいうレベルではなかった。


そこから北上し、アフリカ大陸に上陸。
バラモスに血祭りにされたというテドンの村に足を踏み入れる。
位置的にルワンダ?3日間で80万人が虐殺されたってヤツか。

村は廃墟と化していたが、夜間は亡霊が現れて村の崩壊にも気付かずに
荒れ果てた村跡地で日常を営んでいた。
何故か囚人がオーブを持っていて託された。

昼間、牢獄を訪れると壁には"オーブを託せて良かった"との文字が・・・
本当に何者だったのだろうか?

Uのムーンブルク城といい、ドククエは物悲しい所を用意しておくのでままならぬ。
しかも"何者?"系の回収されない伏線が結構多い。
加えて、夜になると復活するのは何故なのか。死ねない呪い?
ドラクエ特有の投げっぱなしジャーマンスープレックスな不思議がテンコ盛りな村でした。

ともあれ、無人の村なのでここは家捜しOKとする。決行する。
闇のランプはそこそこの値で売れた。


アフリカは、この大陸唯一の集落であるテドンが滅びた今、
すっかり暗黒大陸と化してしまったようだ。
そこから海原を東南へ進み、アリアハンに向かった。
錦を飾るのだ。



LV20 返済額 34000G

勇者
E 棘の鞭
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート

魔術師
E 聖なるナイフ
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年03月23日

ドラクエ3の債務者プレイ 019
〜スリルのために全てを俺は賭けてもいい〜

故郷アリアハンに上陸を果たす。ルーラでだが。
船旅を経て、小さなメダルもボチボチと溜まった。
早速古井戸に赴き交換するとしようか。

で、ガーターベルトを手に入れた。
僧侶に装着させると性格がセクシーギャルになった。
業の深い坊主になってしまったものだ。つくづくだよ。

しかしガーターベルトでセクシーギャルとはお目が高い。
乳でも尻でもなく、おみ脚。
インドみたいに脚がセクシーポイントなのかもしれない。
身体のラインがいくら出ても構わないが、生足と言わず肌の露出を恥じ入ると。
だから僧侶は全身タイツなのか。
なるほど、インドだ。
でもセクシーギャルな性格ってのが良く分からん。

それはそれとして、枯れた魔術師はともかくとしても勇者の目には毒なのでは。
とはいえそんなにお子様でもないだろう。
初年兵はロマリア辺り早速に済ませたものさ。
さすがに故郷ではオルテガの息子であり勇者なので難しかったからね。

なんて事にしとくとしようか。ちと生臭いが。
さて、更に世界を漫遊するとしよう。
とりあえず欧羅巴から大西洋を横断し、未だ地図が空白な東世界へと進むとしよう。


LV20 返済額 34000G

勇者
E 棘の鞭
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト↑

魔術師
E 聖なるナイフ
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV
2008年03月30日

ドラクエ3の債務者プレイ 020 〜フロンティア〜

アリアハンを出航、更に世界を漫遊して地図を塗り潰していくと新大陸を発見。
北米大陸だ。
大陸東岸から川を遡ると、原住民の集落を発見した。

長閑でありながら珍奇な村だ。唐突もなく馬が話しかけてきたりするし。
馬の名前はエドとな。非常に紳士的だ。が、得体が知れない事この上ない。
しかし、世界中に奇奇怪怪なモンスターがひしめくこの世界ではさほど驚くに値しない。
かも。

なんでも、東岸に町を興すと思い立って村を飛び出したおっさんがいるそうな。
早速に大陸東岸を探してみると、そのおっさんを見つけた。
「開拓町を興したいので商人を紹介して欲しい」とな。
他力本願だな。まあ、確かに大陸間貿易の要となり得る立地。
ルイーダの酒場に行き、商人を派遣してやった。
商人の名前は"えちごや"。

お礼にと、スーの井戸周りを調べればいいじゃない、you調べちゃいなよ、
なんて情報を頂いた。何かと思って調べたら雷の杖を見つけた。ブラボー。
レベル20にしてようやく聖なるナイフとの決別が叶った瞬間である
情けは人の為ならず。

更に北アメリカを周遊し、地図を塗り潰していく。
コーエーの大航海時代でもここらへんを散策するのが楽しかった。
少しずつ世界が明らかになっていくのは快感すら感じる。


LV20 返済額 37000G

勇者
E 棘の鞭
E 旅人の服
E 青銅の盾
E オルテガの兜

武闘家
E 皮のドレス
E 銀の髪飾り

僧侶
E 鉄の槍
E マジカルスカート
E ガーターベルト

魔術師
E 雷の杖↑
E 旅人の服
E 星降る腕輪
E 金の冠
タグ:ゲーム RPG


posted by 塗りかべ at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラクエV