2007年11月04日

初サブウーファーの巻 PCスピーカー LogicoolのX-240

こんなスピーカー

長年使用していた安物PCスピーカーがイビキをかきだしたので退官する次第に相成った。
彼には先に涅槃で待っていてももらうとして、だ。
代替を探してみたところ、LogicoolのX-230とやらがなにやら好評を博している。
コストパフォーマンスのお化けスピーカーらしい。
音にはさほど拘らない(出力はオンボードだし)のだが、
サブウーハーの低音とやらに好奇心が猫を惨殺。
昔よりもPCで音楽を再生する機会が大幅に増えたという事もある。
購入しよう。

が、なんたる悲劇。X-230は既に生産終了との事。
仕方が無いので、
まだ出たばかりであまりレビューを見かけない後継機X-240を購入した。
安くはないが、高くも無い値段設定が素敵だ。
LogicoolのX-240


サブウーファーの付いているスピーカーは初めてだ。
箱から取り出してみると、
220x50x220サブウーファーが予想以上にデカクてビビる。
接続は簡単。で、早速使ってみる。

素晴らしいねサブウーファーとやらは。
思っていた以上に音質が良い。というか、別物だ。
なにせ、今まで聞こえていなかった楽器が聞こえてくるのだから。
ゲームをやってみると、軍勢の雄たけびが映画みたいに響く響く。
音って面白い。

230の方がサブウーファーが大きくて音が良いらしいが、
これはこれで充分に満足出来る。
いい買い物した感がタンマリ手に入った幸せ。


posted by 塗りかべ at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
2007年11月07日

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI

"純粋にいい音で音楽を愉しみたい"
"音楽の再生に特化したPCIオーディオボード"
http://onkyo.jp/wavio/90pci/

言葉の意味は良く分からんが、とにかく凄い自信だ。


これまでの人生、サウンド再生はオンボードで凌いでいたのだが
巨商伝をインストールしたらサウンド周りの調子が悪くなった。

巨商伝をアンインストールしてみたらだいぶ不具合は回復したのだが
それでもまだWMV再生の調子がイマイチ。
ドライバを入れ直したらマシになったのだが、
「こんなに悪かったっけ?」と治ったのかどうなのか良く分からん。

これも天命と、サウンドボード導入する事にした。
と言うよりも、なんか良いのあるかしらんと探してみたら
SE-90PCIとやらが目に付いたのだ。

再生に特化しているので性能の割に値段が抑えられている。
一目惚れ。

どうせ入力なんぞしないし、
最近ニコニコ動画をしばしば堪能するし、
せっかくスピーカーを代えたので音に拘ってみようかしら、
初サブウーファーの巻 PCスピーカー LogicoolのX-240
と言う事で購入す。


○セッティング
ビデオカードはノイズが凄いらしいので、
SE-90PCIはビデオカードから一番遠いPCIスロットに刺す。ブスリ。

スピーカー(X-240)と繋ぐには変換ケーブルが必要な事に気付き、
少なくないショックを受ける。
エッチラオッチラとヨドバシでオーディオプラグアダプタを買ってくる。
↓こういうやつ
オーディオプラグアダプタ ピンプラグ×2⇔ステレオミニジャック



○ドライバ
メーカーサイトからダウンロードして入れてみたのだが、音楽再生できず。
マニュアル通り、付属のCDからインストールしたら再生した。
?・・・ま、いいや、動いたし。


再生してみる。
劇的という程ではないが、ド素人でも分かる程度に音が綺麗になっていた。
ノイズが無いというのはこれの事なのか?音が澄んでいる。

あまり音に拘らずに生きてきた身の上の悲しさで、なんと形容して良いのかが判らない。

まあ、スピーカーを代えた時ほどの衝撃はなかったが、十二分にコストパフォーマンスは優良。
だいぶ物欲も鎮まったし、とりあえず余は満足じゃ。


でも、数日もするとそんな贅沢にも慣れてしまった。
人類はどんな贅沢にもなれてしまうの。
もうあの日には戻れないのね、私達。


posted by 塗りかべ at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。