2007年08月20日

ロマンシングサガ2 其ノ壱拾ト一 瓢箪から七英雄

現在の帝国領エリア:7つ

さて、無事に宝石採掘再開に漕ぎ着け、帝国財政は持ち直した訳だ。
一息ついた女帝は、次にムー族少年の行方不明事件に取り組む事にした。

南の寒いナゼール地方にてムー(羊だか山羊だか)と暮らす一族の少年が、
ムーと一緒に行方不明になってしまったらしい。
残念ながら、一族は少年を見捨てて遊牧移動する事にしたそうな。

恐らく次のイベントをこなしたら年代ジャンプがやってくるだろう。
ジャンプしても火山が噴火しない事は有り得ても、
行方不明少年が、年代ジャンプに耐えられるわけが無い。
耐える所も見たくない。
なので、救出しに行くとしようか。
これでグレて家出しただけだったなんてオチだったら一族郎党縛り首ぞな。


少年は、ムーの村の近くにあるモンスターの巣穴に迷い込んでしまったらしい。
入ってみると、やたらとデカイ洞窟な上に敵も強い。
こんな所で少年生存している訳ないよ・・・なんて考えつつも、
少年と一緒に行方不明になったムーの鳴き声を辿り、洞窟の奥へと進んでいく。

と、なにやらでっかいケンタウロスのような化物がうろついているのを発見。
やけにグラフィックが大きく下半身がお馬さんな如何にも強い中ボス風情に怯える。
君子危うきに近寄らず、いわんや皇帝をや。
でかい癖にやけに素早くウロチョロする化物を華麗に避けつつ奥に進む。

すると、化物が「無視して奥に進むなよ」と怒り出し、
自分が七英雄の一匹である事を名乗りだした。スルー失敗、強制イベントへ。

コイツが"暴れ者"ダンターグか。なんて面倒臭そうな二つ名である事よ。
しかもこの化物、「俺は他の七英雄と違い復讐なんて興味ない。強くなりたいだけ」
なんて戦闘マニア丸出し。「オラなんだかワクワクしてきたぞ」ってヤツか。
孫悟空がどれだけ傍迷惑な輩であったかを思い知った。

どうやら戦いは避けられないようだ。
いやはや、迷子を捜しに来たのに、よもや七英雄なんて大物が引っかかろうとは、
海老でシャークが釣れてもうた。
鼠一匹だと思ったら泰山が鳴動した気分はどこか遣る瀬無い。

仕方がないのでフル回復して必殺技を繰り広げ、幾度か挑戦して辛うじて勝利。馬刺しめ。
厄介ではあったが暴れ者タイプだけあって
とにかくHPさえ高ければどうにかなるものなのだな。

そして奥に進むと、少年とパトラッシュを見つけた。
はて、こいつらどうやってこんな難所の奥地まで来れたのだろうか。
ともあれ、これにてレスキュー911は終了。
半年後 そこには元気に走り回る少年の姿があった。
それにしてもこのムー、ノリノリである

案の定、ここで年代ジャンプが発生して皇位継承。
火山島は未解決なのだが大丈夫かしら・・・

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月22日

ロマンシングサガ2 其ノ壱拾ト二 我は育み、我は滅ぼす

現在の帝国領エリア:7つ

皇帝候補に、新顔がいない。
それは新しい陣形が手に入らないという事。
とりあえずホーリーオーダー男でお茶を濁しておく。
これで早くも7代目皇帝だ。

どうやら火山島はまだ爆発していなかったらしい。
やれやれ、と早急に解決しに行く。

火山島に踏み入ると、確かに地震が頻発していた。
先代の皇帝が火山のマグマを固める際に手を借りた魔術師に会いに行ったのだが、
砦にはモンスターが蔓延っていた。

そいつ等を掻き分け、奥に進むとなんと、魔術師は安らかに就寝中。
なぜか叩き起こせないらしいので、すごすごと帰る。

次に、島北部にあるトカゲなサラマンダーの集落に赴き、族長に話を聞いてみる。
曰く、火口を塞いだせいで島が爆発するそうな。やっぱり塞いではいけなかったのか。
とっとと島民を避難させ、族長からはコムルーンハンマを受け取る。
「そのトンカチで固まったマグマを砕けばいいじゃない。YOU砕いちゃいなよ」
無茶を言う。
ちなみにサラマンダー達は非難しないそうだ。逃げてよ。

ともあれ、先代の尻拭いだ。とっとと火山を登り火口に到着。
すると無限増殖する犬と火口(溶岩?)が襲ってきた。
熱いらしく、毎ターンダメージを受ける。
そんな中、次々と現れる犬を葬りつつ火口を叩いて削っていく。

地味にシンドイ作業の果てに、とうとう固まったマグマを砕いてやった。
が、途端にマグマが溢れ出てきて皇帝一行に襲い掛かり、結構なダメージを受けた。
まあ、当然といえば当然な結果なのだが、危うく全滅するところだった。
間抜けな話だ。


何はともあれ島を爆発から救った訳だ。
危険を顧みずに事態解決に打って出た皇帝の姿に感銘したサラマンダーの族長が、
帝国事業への協力を申し出てきてくれた。
冷血動物の癖に熱い奴らだ。
重畳。

でもこれって先代が火口を塞ぐ前の状態に戻っただけだよな。
なんとも骨折り損。
寝ていた魔術師が気になったが、モンスターの巣食う砦に行くのは面倒臭いので無視しよう。


ここの所、皇帝陛下はトラブル解決に東奔西走しており領土を拡張していない。
やっぱり世界帝国樹立というのは難しいのね。

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月25日

千疋屋 チョコバナナパフェ

千疋屋日本橋本店


至高のチョコバナナパフェを探し求める求道者としては、
千疋屋に足を運ぶのは当然の成り行き。

しかしながら千疋屋は誘惑が一杯で、
なかなかバナナチョコレートパフェに辿り着けない。
前回来訪時も、
「こちらのクイーンストロベリーパフェは本日までとなっております」
なんてウェイターに甘言を弄されて浮気する始末。女王陛下に乾杯してしまった。
だってここフルーツパーラーなんだもの。

さておき、失地回復すべく再戦を挑んだ次第。
メニューを開くと常の如く、
アメリカンショートケーキ(ストロベリー)
フルーツサンドイッチ
辺りに目移りするが、なんとか初志貫徹してバナナチョコレートパフェを所望する。


出てきた代物は、バナナが角の如く天を突くロングホーントレインな
スタイル。
バナナ美味いな、こんな美味いバナナは初めてだよ。矜持を感じる。
甘いのだが尖らず、糖が均一・・・うまく表現できないが美味い。

生クリームを掻き分けてみると、アイスクリームが顔を出した。
バニラにしては黄色がかった妙な色をしている。
食べてみるとバナナアイスだった。
バナナチョコパフェなのだから当然といえば当然の構成なのだが、
初めての組み合わせだ。こりゃ面白い。

その下にはバニラとチョコのアイスが眠っていた。
で、更にその奥深く、良い具合に解けたアイスの坩堝のなかから薄っぺらい塊が出てきた。
クッキーかコーンフレークかと思ったが、
しばし悶々とした後にバナナチップであることに気付く。
バナナチップはドロドロになったアイスとチョコに絡まれて風味も何も無く、
ただ歯に挟まった。
これ、いらないんじゃないかな。蛇足。

まあ、バナナチップもバナナアイスもフルーツパーラーとしての矜持なのだろう。
名前もチョコレートバナナパフェではなくてバナナチョコレートパフェだし。

バナナもアイスもクリームもチョコも、満遍なく材料の品質が高いので美味かった。
こうして今日もまた一つ、物欲が鎮まったのであった。
諸々の禍事罪穢れあらむをば
祓へ給ひ清め給へ
タグ:甘味


posted by 塗りかべ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甘味
2007年08月26日

ロマンシングサガ2 其ノ壱拾ト三 お魚になった朕

火山島の爆発も無事解決し、これでようやく帝国拡張に勤しめるわい、
と思ったが、人魚の話を忘れていた事に気付いた。

マーメイド町の酒場で夜な夜な踊り狂っている踊り子に手を取られ共に踊り、
すっかりと入れ揚げてしまった皇帝陛下がストーキングを繰り広げたら
踊り子の正体が人魚である事が判明。
しかもストーキングを悟られてしまい、人魚は海に帰ってしまいましたとさ。

なので、英雄色を好む、懲りずに人魚を追いかけようとしたのだが、
それには人魚薬を使って海に入れるようにしなければならない。

放っておく別の沈没船イベントが発生して踊り子人魚はいなくなるらしいので、
とっとと片付けるとしよう。


マーメイド町の隣にそびえる山脈の麓に魔女のほこらがあるので
赴いておねだりしてみると、
ツバメの巣、サバンナの卵の殻、アクア湖の水を用意したら作ってやるとの事。
さいでっか。

ツバメの巣は近くの町の崖っぷちにあったのを既に入手済み。
サバンナの卵の殻は、サバンナに行って村のハンターに聞いてから
サバンナ東部で手に入れた。

面倒だったのがアクア湖の水。
ルドン高原西部にあるアクア湖に行くと、人魚がガン垂れて来た。
汚い手で水に触るな、のたまう。
開きにしてやろうかと思ったが、選択肢が出なかったので
渋々と水を浄化する月光のクシなるアイテムを手に入れるべく奔走する。

・・・このたらい回し加減、ロマンシングサガ1を髣髴とさせるなあ。

月光のクシとやらは、アリに食われていた土竜族モールが作ってくれるらしい。
手先が器用なんだとか。ドワーフなのね。

モールのつぼを抱いてアバロンの満月亭に泊まると、
モールに有り金巻き上げられる変わりにクシが手に入れる事がでけた。

早速アクア湖に赴くと、
本当にクシを作ってきた皇帝に、先ほどガン垂れて来た人魚が侘びを入れてきて、
帝国への協力を申し出てきた。
クシはカグヤ姫の無理難題みたいなものだったのか。
ツンデレってヤツ?

ともあれ、材料が揃った所で魔女の祠に再度赴くと、
やっぱりここでも有り金巻き上げられた挙句、ようやく人魚薬を手に入れた。

さっそくドーピングして人魚に会いに行くみると、
お魚っつーかお盛ん。再開を祝して早速、なにやら育んでいるらしいが、
やっこさんは魚類だぞ。産卵期?

ところでこの薬は三回しか使えないと魔女に釘を刺されていたのだが、
三回使ってみる・・・陸に帰れなくなった。

こうして国をほっぽって女の尻を追いかけた皇帝は、海の藻屑となりましたとさ。
純愛とも言える。
現皇帝が如何にも堅物そうなホーリーオーダーな辺りが面白い。


なので皇帝継承。次は女皇帝を選んで、念願のアマゾネス村に行こう。
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2
2007年08月28日

PC静音と冷却 HDDをJustyのヒートシンクDMH-03で冷却する試み

現状、HDD温度は40度前後で落ち着いているのだが、
丸ごとコピー時等の高負荷時になると50度を越えることが判明。
とりあえずフロントカバーを開けてUSBファンで送風して乗り切ったのだが、
これは肝が冷えた。

ケースP180の下段シャドウベイファンが吹き付けではなく吸出しになる事と、
どうもHDDが近接している事(距離は一応あるので密接ではないが)が原因らしい。
そこでHDDの搭載を分散させて事態を打破することにした。

これまでにもHDDクーラー(HDDの底面にファンを取り付けるタイプ)を色々と試したのだが、
冷却性は充分でも騒音が激しかったり、
しばらく使っていたら劣化してファンがコードに接触したり、
HDDに吹き付けられた埃がこびり付いたりとデメリットやトラブルが多かった。


そこで、もうじき九月のこの期に及んで
上記のトラブルを解決しつつ、冷却を推し進めるべく、
ファンレスHDDヒートシンクの導入を決断した。というか、
HDD買いに行った秋葉原で偶々見つけて衝動買いした。

それがこれ、JustyのHDDヒートシンク DMH-03
HDDヒートシンクDMH-03 (Black)

HDDを5インチベイに搭載するヒートシンクである。
ファンが無いから騒音も故障も無いわけだ。
ケース内のエアフローがある限りその信頼性は当たり前に無限と言う事。

取り付けは簡単。
ヒートシンクにグリスを塗り塗り、
HDDを乗っけてグリグリとグリスをなじませてネジ留め。
更にヒートシンクを5インチベイにネジ留め。で終了。
見た目は南蛮鎧みたいで格好良い。と思う。

肝心の効き目の方だが、なかなかの業物なり。
室温33℃でHDDをフォーマットしたら45℃まで行ってしまったが、
通常使用時は室温26℃でHDD37℃。
ちなみにこの時フロントファンで吹きつけている別HDDは35℃であった。
ファンレスである事を考えれば劇的な効果だろう。
10GB書き込みの高負荷時でも不思議と温度は上がらず、38℃を超えなかった。

ちなみに10GBコピーにはコピーツールソフト"FireFileCopy"を使用したので、まんまコピーよりもHDD負荷は低かったろう。


このヒートシンクの問題点を挙げるとするならば、
装着するPCケースのエアフローに干渉してしまう点だ。
このヒートシンクはファンレスなので、
PCケース後部の排気ファンがそれなりの仕事をしてくれない場合や、
側面やらに呼気場所が散っている場合には、その冷却性が下がる事が予想される。
装着に辺り、それなりにエアフローを頭に入れておかなければならないだろう。

加えて、このヒートシンクの搭載により5インチベイに通気口が開く訳なので
PCエアフローが変わってくるのでそれを考慮しなければいけない点と、
そこからPC内部の音がPC前面に漏れて来る事だ。

もっともMyマシンはCPUクーラにSamuraiMaster、
ビデオクーラーにVF700-Cuと中から静音している上に、
ケースP180には前面に扉が付いているので騒音面では問題が無かった。
まあ、ガリガリ音がいささか響くかな。

ちなみにP180には5インチベイは4つあり、
そのうちHDDは二段目、CD-ROMドライブは4段目に取り付けている。
HDDの上下は空だ。

もう一つ問題点を挙げると、装着台数の制限である。
なかなかの冷却性を発揮したこのDMH-03と言えど、
さすがに密集して装着したら熱が篭もるだろう。
なので一台のマシンに何台もこのHDDヒートシンクを取り付けるのは難しい。
また、5インチベイに余裕が無ければいけないのだから、
PCケースサイズを選ぶ事になる。


ともあれ、我がマシンにとっては効果は絶大、
取り付け簡単と文句無しのヒートシンクであった。

建物にもヒートシンク付ければ省エネだよな。
って、それが屋上庭園か。
タグ:HDD 冷却 PC


posted by 塗りかべ at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
2007年08月31日

ロマンシングサガ2 其ノ壱拾ト四 今週のビックリドッキリメカ

現在の帝国領エリア:7つ

さて、楽しい楽しい皇位継承なのだが、
候補者は相変わらず新味のない顔ぶれであった。
陣形が手に入らない。

その中で唯一の女であった帝国猟兵を八代目皇帝に任命。
末広がりな暴れん坊皇帝。
今度こそ、ジャングルの奥に存在するという伝説のアマゾネス村に行くだ。


と勇んでいたら、先に服属させた武装商船団が反乱を起こしたとの急報が届いた。
そのため、帝国内地の東海海運が滞り国庫収入が激減しているという。
・・・宝石鉱山毒ガス騒動の時といい、結構脆弱だな、帝国財政。

このままでは帝国が傾いてしまう。
何はともあれ、商船団が屯している町に赴く。
と、商船団の船長が「乗っ取られた」と管を巻いていた。使えん奴だ。

まあ、その下克上を起こして商船団を乗っ取った首領を誅すればいいのだな。
過去の皇帝が、商船団を降して帝国の傘下に組み込んだ時と同様に、
陸路で商船団の本拠地に進入すべく山脈の獣道に向かった。

海の男はあまり物事を深く考えないらしく、
前回と同様の進入ルートが何の警戒も施されずにそのまま残されており、
アジトに飛び込むと前回と同様に「侵入者だ」と慌てふためくばかり。
使えん奴らだ。

でもって首領発見。禿げてる、以下にもドワルスキー。
なかなか往生際が悪く、襲い掛かろうと近づくと
次々と護衛を繰り出して来てなかなか勝負に及ばないこの首領。
しかもその護衛が地味に強い。

それでもとうとう追い詰めると、なんと禿げが七英雄の名を口にしやがった。
さすがは七英雄。最近見ないと思ったら、地味に効く嫌がらせを繰り出してきやがる。

ともあれ、禿を追い払ったら武装商船団は元の鞘に納まり国庫収入も復旧した。
今回の件については現状復帰で手打ちになってしまったようだ。
どうやら謀反された商船団船長は更迭できないらしい。監督不行き届きなのに。
いっそ組織を改変させて本拠を移し、再発防止を図りたいのだが・・・


という訳で帝国の財政基盤の脆弱性に一抹の不安感を覚えつつ、
皇帝は次の政策に取り掛かった。
これでゴタゴタが続いていた帝国がようやく落ち着いた。次こそはジャングル、東方殖民だ。
多分。

現在の帝国領エリア:7つ
タグ:RPG ゲーム


posted by 塗りかべ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンシングサガ2